【禁煙】ヘビースモーカーでも完全にタバコをやめる方法

1日に2箱タバコを吸うヘビースモーカーだった私が完全にタバコをやめた方法を紹介したいと思います。

禁煙したいと思っている人の参考になれば嬉しいです。

スポンサーリンク

完全に禁煙する方法

私が実践した禁煙方法は、タバコに対する間違った思い込みを消すことからスタートしました。

タバコをやめる動機付けが重要

私は禁煙が難しい理由はタバコに対する間違った思い込みのせいであると結論付けています。

禁煙が難しい理由
禁煙に成功するためには、なぜ禁煙が難しいのか理由を理解することが重要です。 1日に2箱吸うヘビースモーカーだった私が完全にタバコをやめ、経験則からなぜ禁煙が難しいかについて結論付けましたので紹介したいと思います。

 

詳しくは上の記事を読んでいただきたいと思いますが、タバコに対する間違った思い込みのまま禁煙してしまうと体からニコチンが抜けても、脳がタバコを欲しがるため、とても辛い禁煙になります。

タバコを完全に止めるには動機付けが重要で、以下のような動機でやめようと思う人も多いかもしれません。

 -自分のパートナーからタバコを止めるようにいわれたから
 -会社で吸えなくなったから
 -タバコの値段が上がったから
 -みんなが禁煙するから

しかし、上記の動機のまま禁煙を進めるの弱すぎてダメです。

なぜなら、すべて外的要因でタバコをやめようとしているからです。

誰からも何も言われなかった場合など、もし外的要因が無ければタバコを止めるつもりはなく、タバコを吸うとリラックスするなどの間違った思い込みのまま禁煙しようとしています。

このままでは、深層心理の中にタバコはリラックスできるなどの情報が美化されてインプットされているため、いつまでたっても何かの拍子にタバコを吸いたくなります。

 

それでは、タバコの間違った思い込みを消し、どういった動機付けで禁煙すればいいのか、私が実践した禁煙方法を紹介したいと思います。

間違った思い込みを消す方法

タバコに対する間違った思い込みを消す方法は簡単です。

それは、タバコのメリットは嘘でデメリットしかないこと知り、タバコはいかに無駄なものかを認識し、そしてタバコを徹底的に嫌う事です。

タバコをやめる正しい動機は、大嫌いなタバコの呪縛から一刻も早く解き放たれたいと心から思うことです。

要するにタバコの間違った思い込みに洗脳された自分に、タバコはいかに無駄で不要なものかということを認識させます。

ニコチン中毒の克服が難しいとかタバコを吸うとリラックスできるという事が間違いであることは以下のページに記載しています。

禁煙が難しい理由
禁煙に成功するためには、なぜ禁煙が難しいのか理由を理解することが重要です。 1日に2箱吸うヘビースモーカーだった私が完全にタバコをやめ、経験則からなぜ禁煙が難しいかについて結論付けましたので紹介したいと思います。

 

考えてみてください。

タバコは無駄にお金がかかり、健康を害して寿命を縮め、周りに居る人の健康も害する迷惑をかけ、さらには社会からはどんどん隔離されてタバコを吸う場所すら減っていきます。

日本はまだまだ喫煙に対して甘いと世界からは批判されています。

オリンピックもあるため、今後は更に規制が強化され、価格は上がり、公共の場では吸えなくなることが容易に想像できます。

上記に加えて異性からはモテず、息は臭くなり、リラックス効果すらデタラメで、タバコを吸う理由って何ですか?

そうなってくると、今はニコチン中毒のせいで嫌々吸っているとしか思えなくなります。

そして、何て無駄でバカなものを吸ってるんだろう、心からタバコをやめたいと思えたら、半分は禁煙成功と思って大丈夫です。

なぜなら、間違った思い込みが無くなり心からタバコをやめたい気持ちになれば、後はニコチンの離脱症状を乗り切るだけだからです。

 

ニコチンの離脱症状はたいしたことは無いと書いてきましたが、私が実践した乗り切るコツを紹介します。

ニコチンの離脱症状を乗り切るコツ

まず、ニコチンの離脱症状を克服するためには、どんな症状が出て、どれくらい続くかを認識する方が楽になります。

離脱症状は個人差があるかもしれませんが、麻薬やアルコール依存症の離脱症状のように幻覚をみたり、暴れたり、相当な苦痛を味わうことはないため恐れる必要はありません。

ニコチンの離脱症状で入院したり施設に入った人などは聞いたことがありません(笑)

また、離脱症状のピークは禁煙してから1週間程度で、1ヶ月もすればニコチンは体内からほとんど排出されるそうです。

そう考えるの楽勝じゃないでしょうか?

私はニコチンの離脱症状が出た場合は、「タバコなんて無駄なものは一生吸わない!」、「惨めな喫煙者に戻らない!」、「離脱症状が出るのは体からニコチンが出ていってる証拠だ!」と強く自分に言い聞かせて、深呼吸をすれば楽になり乗り切れました。

なお、このニコチンを抜いている時に、代用品は使わない方がいいと思います。

飴やガムを代用品にすると太る可能性がありますし、ニコチンを抜いているのニコチンパッチを貼るなど意味不明な気がします。

また、できれば最低1週間は飲み会などには参加しない方がいいです。
お酒で判断力が鈍り、せっかくの決意を破ってタバコを吸ってしまう可能性があります。

終わりの見えない我慢は辛いですが、1週間、長くても1ヶ月とゴールが見えていて、どんどん良い方向に向かっていると考えれば頑張れる気がしませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

私はタバコの間違った思い込みを捨て、タバコを大嫌いになる事で完全にタバコをやめることができました。

タバコをやめてから約10年経ちますが、全くタバコを吸いたいと思いません。

そして、完全にタバコから解放された今はメリットしかありません。

私の禁煙方法の唯一の副作用は本当にタバコ嫌いになるので、タバコ臭い人と場所が苦手になってしまうのでご注意ください(笑)

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
禁煙
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント