IPO分析-ウォンテッドリー(3991)の理解不能な上昇

9月14日に上場したウォンテッドリー(3991)を分析しました。

本銘柄については、理解不能な上昇をしています。

なぜこんなに上がっているのかを知りたいと思い調べてみました。

スポンサーリンク
レクタングル大

ウォンテッドリー(3991)を分析

事業内容はビジネスSNS「Wantedly」の企画・開発・運営となっています。

具体的にはビジネス系のSNSであるWantedlyを通して、利用ユーザーは興味のある会社とコミュニケーションを取りその会社に訪問したりと、本当に働きたい会社を見つけるための転職の支援をメインとしたビジネスのようです。

ウォンテッドリー(3991)の値動き

ウォンテッドリーの公募価格が1,000円に対して、約5倍の5,010円で初値がつき、9/19時点で5,310円(STOP高張り付き)と更なる上昇をしています。

IPOにおいて、公募価格から5倍になる銘柄は珍しくはないですが、本銘柄に関しては今期の1株当たりの純利益が0.83円のため現在値でのPerは約6,637倍と超割高になっています。

私は成長期待の銘柄に関しては、Perはそれほど気にする必要はないと考えています。
しかしながら、ウォンテッドリーのPerは割高すぎる気がします。

仮に来期予想の1株当たりの純利益29.38円を達成できたとしてもPerは180倍オーバーです。

現在値からの株価上昇を考えると理解不能な領域です。

なぜ、ここまで株価が上昇しているのか?

ウォンテッドリーに関して、特別大きなニュースが出たわけではありませんし、割安でもありません。

それでは、なぜここまで上昇しているのか考えられるとしたら以下の2点だと思います。

・市場がWantedlyの成長を見込んでいる
・発行枚数に対して公募枚数が少ないため、マネーゲーム化している

市場がWantedlyの成長を見込んでいる

成長可能性の資料を読みましたが、正直な話Wantedlyというアプリ(サービス)に関して、そこまでの成長・普及をするかは疑問です。

成長可能性に関する資料に記載されている転職の考え方が日本にも当てはまるのかという点がポイントだと思います。

ビジネス系のSNSの最大手といえばLinkedinがありますが日本ではそれほど普及していないように思います。

それは、日本人の転職に関する考え方と海外の考え方とでは異なっている点が大きいと思います。

海外では自分の実績をどんどんアピールし、キャリアアップしていくのが当たり前で、SNSというツールを活用しての転職が常識のようですが、日本ではいわゆる意識高い系の人たちがこの手のSNSをやっているイメージが強く、日本においてミレニアル世代全体に普及するとは思えません。

また、SNSを用いての転職情報という意味では新しいのかもしれませんが、転職関連のサービスを展開している競合が多く現在のペースで成長していけるかという点も疑問が残るところです。

転職系のビジネスに関しては、社会を変えるほどの新しいものが今さら生まれるとは思えません。

ちなみに私も一応IT関連の仕事をして、ミレニアル世代に含まれますが、この手のSNSが大嫌いで利用することはないと思います。

転職するなら確実にリクルートのエージェントを利用します。

上記の理由から個人的には現在の上昇はWantedlyの成長性で上がっている訳ではない気がします。

発行枚数に対して公募枚数が少ないため、マネーゲーム化している

公募株式数は130,000株で発行済みの株式総数(4,572,700枚)から考えると非常に少ない枚数となっています。

さらにウォンテッドリーはVCの保有がなく、CEOの仲暁子氏が68%以上保有しており、市場の流通量が極端に少ないためマネーゲーム化しているのがこの不可解な上昇の理由の本命ではないかと思います。

マネーゲームでの上昇であればこの不可解な上昇も納得できます。

ちなみにこの上昇により仲暁子氏の資産は170億円以上に膨れ上がっていて凄いですね!

不可解な株価上昇に関する結論

上記の通り、転職系のビジネスは特別目新しいものではなく今さら社会を変えるほどの収益を生むとは思えません。

そのため、私の結論としては現在の信じられないほどの株価はマネーゲームの影響によるものと考えられ、マネーゲームは最後は誰かがババを引くというお決まりがありますので注意が必要です。

ちなみに私の中ではこの銘柄は時限爆弾IPOの匂いがしています。

今回は保有し続けると危険なIPO銘柄とその見分け方というテーマで記事を書きたいと思います。 時限爆弾IPO銘柄とは 私が考える時...

少なくとも、来期の第1四半期決算は本当に計画通り予算を達成できているか様子を見たほうがいい気がします。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加