イナゴ投資家として成功するための3つのポイント

イナゴ投資法はある意味、非常に効率的な投資だと思います。

過去にイナゴ投資法を駆使して儲けようとチャレンジしました。

その時の経験からイナゴ投資家として成功するための3つのポイントを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

イナゴ投資家として成功するための3つのポイント

まずはじめに、イナゴ投資家とは何かを説明したいと思います。

イナゴ投資家とは

イナゴ投資家とは、材料が出た銘柄に一気に飛び乗り、一気に去っていく投資家のことです。

イナゴ投資家が飛びついた銘柄は急騰と急落が起こることが特徴です。

ちなみに、このイナゴ投資家によって作られたチャートをイナゴタワーと呼びます。

このイナゴ投資家の由来は、稲穂に群がるイナゴから名づけられたそうです。

稲穂に群がるイナゴも嫌われていますが、相場のチャートを壊すイナゴ投資家も市場では嫌われ気味のため、このような例えにされている感じですね(笑)

イナゴ投資家のメリット

市場では若干嫌われ気味のイナゴ投資家ですが、イナゴ投資家には大きなメリットがあります。

イナゴ投資家のメリットは短期で結果を出せることです。

投資効率において、時間の概念は重要になります。

なぜなら、例え割安でいい銘柄でも株価が動かなければ儲けることはできません。

仮に1つの銘柄に100万円を投資して50万円の利益を得られたとしても、3年かかって50万円の利益を得られた場合と、3日で50万円の利益を得られた場合では資金効率が全く異なります。

そういう意味では、イナゴ投資は銘柄にイナゴが群がって、株価が動く(ボラリティの大きい)状態のため、良くも悪くも短期で結果が出せます。

つまり、イナゴ投資家のメリットは短期で大きな利益を上げられる可能性があるということです。

逆に言えば、短期で大きな損失を出す可能性があるというデメリットがあります。

イナゴ投資家として成功するための3つのポイント

イナゴ投資家はメリットの項目で挙げた通り、短期間で資産を築ける可能性があります。

しかし、私の過去の経験上、イナゴ投資家として成功するためには以下のポイントを満たせている必要があると思います。

  1. 損切り・利確の判断が早い
  2. 常に相場をチェックできる時間がある
  3. センスがある

1.損切り・利確の判断が早い

イナゴが群がった銘柄の特徴として、急騰の後に急落があります。

イナゴ投資家は急騰を開始ししてから、飛びつくことが多いため、その銘柄は既に高値を付けていることが多く、そこから更に上昇したタイミングで手早く利確するという判断が必要になります。

利確の判断が遅れるとあっという間に含み損になることも少なくありません。

また、急落に巻き込まれて含み損になった時に、通常よりも素早く損切りする判断が必要です。

一番最悪なのは含み損になった後に、色々と自分に言い訳をして長期投資に切り替えることです。

イナゴ投資家はさっと利益を出し、次の銘柄に飛び移るのが基本スタイルです。

2.常に相場をチェックできる時間がある

イナゴ投資家はリアルタイムに情報と相場をチェックできる時間が必要です。

イナゴ投資では急騰しそう・急騰している銘柄の情報を仕入れたら、その内容を判断しすぐに飛びつく必要があります。

また、イナゴタワーの特徴として、さっきまでSTOP高に張り付いていたと思ったら、数分後に急落していることなどがよくあります。

1のポイントで挙げた損切りと利確の早い判断についても、相場をチェックできていないと判断のしようがないため、常に相場をチェックできる時間があるかどうかは重要な要素となります。

3.センスがある

これを言ってしまうとすべてが終わるような気がするかもしれませんが、やはりイナゴ投資家にはその道のセンスが必要です。

このセンスというのは、急騰している情報が凄い材料なのかたいした材料ではないのかの判断力や板の状態を見て急落しそうか、更に急騰しそうかを嗅ぎ分ける能力です。

このセンスを磨くためには、単純に相場を見ているだけはなく、少額でもいいので実際に考えながら投資し、数多くの場数を踏み急騰・急落のパターンをインプットしていくことです。

ちなみに少額でもいいので実際に投資すべきなのは、机上での勉強や仮想トレードでは経験値としてカウントされず、相場の経験が体に染みつかないためです。

まとめ

イナゴ投資はチャートを壊すために、市場では嫌われ気味ですが、短期間に大きな資産を築く可能性がある投資法だと思います。

今回、イナゴ投資家として成功するための3つのポイントを挙げましたが、どれが欠けても成功はしないと思います。

例え損切りと利確の判断が早くても、センスがなくダメなタイミングで飛びついて損切りばかりになっても儲かりませんし、例えセンスがあっても、たった一度の損切り判断の遅れのせいで、致命的な損失を負い今までの利益が吹っ飛び退場することがあるためです。

3つのポイントを満たせる方はぜひともチャレンジしてみてください。

ちなみに私はサラリーマンであるため、どうしても2つめのポイントの常に相場をチェックできる時間がありませんでした。

そのため、何度かイナゴ投資にトライしましたが結局上手くいきませんでした。

ただ、私のメインのIPO投資もある意味ではイナゴ投資に近く、イナゴが集まる確率が高いIPO銘柄に先回りして投資しておくという投資です。

サラリーマン向けにイナゴ投資を改良した感じになりますので、参考までにご覧ください。

(まだまだ、勉強・改良中ではありますが・・・)

ブログを休んでいた空白の3年間で発見したサラリーマンである自分に合ったBK.M流の株の投資戦略について書きたいと思います。 サ...
前回、IPO銘柄をホットな期間に売買すると書きましたので、今回はもう少し具体的に狙いについて書きたいと思います。 ちなみに、I...
このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加