現行NISAとの比較から、つみたてNISA(積立NISA)に向いている人を考察

2018年1月からスタートするつみたてNISA(積立NISA)について調べました。
現行のNISAとの比較から、つみたてNISAに向いている人を考察します。

スポンサーリンク
レクタングル大

現行NISAとの比較から、つみたてNISA(積立NISA)に向いている人を考察

現行NISAとつみたてNISAを比較する前に、まずはつみたてNISAとは何かを説明したいと思います。

つみたてNISA(積立NISA)とは?

つみたてNISAとは非課税で少額を毎月コツコツと長期投資し、資産を形成するための新たな制度です。

このつみたてNISAは2017年10月から申込みの受付が開始し、制度としては2018年1月からスタートします。

つみたてNISAのポイントは4点あります。

つみたてNISAのポイント

  • 非課税の期間が最長20年間
  • 年間投資上限は40万円
  • 購入は定期的な購入(つみたて)のみ
  • 投資対象は条件に適用した投資信託・ETF

つみたてNISAのポイントは上記の通り、少額の資金を長期間積み立てすることを前提とした条件になっています。

また、つみたてNISAのいくつかの注意点がありますので紹介します。

つみたてNISA(積立NISA)の主な注意点

  • 損失は税務上ないものとされる
  • NISAとつみたてNISAはいずれかの選択制

上記の注意点について、損失の取り扱いは通常のNISAと同様に一般口座や特定口座での譲渡益・配当金等と損益通算はできず、繰越控除もできないというものです。

また、NISAとつみたてNISAは併用できませんので、どちらが自分の投資スタイルに合っているのかを考え選択する必要があります。

そのため、つみたてNISAとNISAの制度を比較しましたので、どちらを選ぶか検討の材料としてください。

つみたてNISA(積立NISA)と現行のNISAとの比較

つみたてNISAと現行のNISAについて主な項目を比較したところ、以下の表のような結果になりました。

種類 つみたてNISA NISA
対象年齢  20歳以上 20歳以上
最大期間  20年間 5年間
ロールオーバー 不可
非課税枠(年間)  40万円 120万円
非課税枠(総額)  800万円 600万円
投資対象  条件に適合した株式投資信託、ETF 上場株式、ETF、投資信託等
投資方法  定期的・継続的な方法のみ 制限なし
出金タイミング  自由 自由

上記の通り、つみたてNISAとNISAの主な違いは、投資期間と投資対象、投資方法です。

NISAは年間の非課税枠がありますが、通常の投資と同じように好きな銘柄を好きなタイミングで購入できます。

一方、つみたてNISAは長期間の積み立てを前提としているため、投資対象は投資信託などになり好きな銘柄を買えるわけではなく、投資のタイミングも今が割安だから買おうとかはできずに毎月定期的に決めた額を投資する形になります。

逆に言えば、つみたてNISAはドルコスト平均法※1と呼ばれる買い方になるため、購入するタイミングを気にする必要ががありません。

また、非課税枠の大きさに関しては、つみたてNISAの方が年間の投資枠は小さいですが、最大期間が20年と長いため、総額では大きくなります。

※1 ドルコスト平均法とは

同じ銘柄を一度に購入せず、資金を分割して均等額ずつ定期的に継続して投資する(価格が安い時は多く購入し、価格が高い時は少なく購入することになる)ことで、高値掴みを防ぎ平均購入単価を低く抑えることができる購入方法

まとめ(つみたてNISAに向いている人)

つみたてNISAとNISAはどちらか一つを選択する必要があります。

今回、つみたてNISAとNISAを比較した結果として、つみたてNISAに向いているのは以下のような人だと考えられます。

  • 老後など数年先の中長期での資産形成を考えている人
  • 日々の株価や購入タイミングなどを気にしたくない人

老後など数年先の中長期での資産形成を考えている人

つみたてNISAは1年間の非課税枠が小さいため、中長期で資産を作りたいと考えている人に向いています。

定期的な一定額の支出が発生するため名前の通り、積み立て投資です。

最大のメリットは預金よりも元金が増える可能性があり、その利益が非課税ということです。

個人的には、定期預金をするぐらいならリスクをとって、つみたてNISAにチャレンジした方がいいと思います。

日々の株価や購入タイミングなどを気にしたくない人

現行のNISAでも非課税で資産形成することは可能ですが、銘柄選択や購入のタイミングなどは個人の裁量によって、損益が大きく変わります。

つみたてNISAの場合は、どの投資信託を購入するかという選択は必要ですが、基本的にはドルコスト平均法で購入することになるため、日々の株価や購入のタイミングを気にする必要はありません。

そういう意味では投資の初心者にも向いているかもしれません。

いかがだったでしょうか?

今回は現行のNISAとの比較から、つみたてNISAに向いている人を紹介させて頂きました。

私の場合は、短期間で資産を増やしたいと思っていますので、つみたてNISAは向いていません。

また、通常のNISAについても以下の記事の通り、限定的な活用をしています。

今日はBK.M流のNISA投資枠の有効活用について、考えたいと思います。 最適なNISA投資枠の活用について NISAの制度につ...
このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加