仮想通貨(ビットコイン)へ投資しない理由

私は仮想通貨、特にビットコインへの投資について色々と調べました。

その中でどうしても解決できない疑問があり投資できていません。

同じように思っている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

私が仮想通貨(ビットコイン)へ投資しない理由

仮想通貨(ビットコイン)とは何か?

まずはじめに、仮想通貨を説明する前に通貨とは何かを考えたいと思います。

通貨とは?

通貨とは国家が発行し、その価値を保証した決済のための交換媒体です。

日本であれば、円が通貨であり、紙幣や硬貨、銀行預金などで決済が可能です。

仮想通貨とは?

それでは、通常の通貨と照らし合わせて仮想通貨とは何かを説明すると仮想通貨とは国家などの中央機関を持たずにインターネット上でブロックチェーンという技術を用いて、複数のコンピューターで分散管理を行う通貨のようなものです。

ブロックチェーンにより仮想通貨の発行や送金、残高などがインターネット上の複数のコンピューターに分散されて記録され、その取引はすべて公開されているため不正や間違いが起こりにくいという特徴があります。

ビットコインなどの仮想通貨はデータで残高が管理され、紙幣や硬貨のようなものはありません。

発行は仮想通貨の種類によって異なりますが、ビットコインはマイニングと呼ばれる発掘作業で増えていき、このマイニング作業で発掘できるビットコインの数量は限定されているため価値があるとされています。

ここまでの大まかな仕組みは理解できましたが、私の中でどうしても解決されていない疑問については次の章で説明したいと思います。

仮想通貨(ビットコイン)の解決できない疑問

私の中の解決できていない疑問というのは、

仮想通貨(ビットコイン)の価値を誰が保証する?そして、本当に価値があるのか?

という点です。

通貨というのは本来、人々が生活するうえであらゆる物を手に入れるのに必要な手続きを簡素化するために生み出されたものと認識しています。

通貨が生まれるまでは、人は必要な物を正当に手に入れるためには物々交換をしており非常に不便でした。(略奪は除くです)

例えば、キャベツを作っている農家の人がさんまを手に入れたい場合

漁師さんにさんま10匹とキャベツ10個と交換してもらう場合、わざわざキャベツを必要としている漁師さんを探す必要があります。

漁師さんがキャベツにさんまと同等の価値を見いだせなければ取引は成立しません。
また、現物(キャベツ10個)を持ち歩くこと自体も非常に不便です。

そこで生まれたのが通貨(お金)のはじまりである金での取引です。

上記の例を金を用いた取引に置き換えた場合

さんま1個に金10gと決まっていれば、わざわざ自分が持っている現物(キャベツ)と交換してもらう交渉をする必要がありません。

10gの金を渡せば、さんまを手に入れることができますし、自分の持っているキャベツを必要としている人には金と交換すればいいのです。

金による取引(通貨)は現物を持ち歩く必要もなく、必要な時に金を使えるため(貯蓄できるため)非常にメリットが大きいです。

ここで、重要な点は誰もが通貨に使用するもの(金)の価値を認めていることです。

もし、上記の通貨としてただの石ころや貝殻など、いくらでも手に入るものを使用した場合、その通貨自体に価値がないため成立しません。(当たり前ですが、石とさんまを交換してくれと言っても、石に価値がなく信用できないため誰も交換に応じないでしょう。)

そういう意味で、金は昔から希少であり、それ自体も装飾品として重宝されていたため通貨として使用されました。

しかし、金の持ち運びにも問題があり、物を手に入れるためにわざわざ重たい金を持ち運ぶのが大変になりました。

そこで生まれたの紙幣です。

紙幣はそれ自体に価値はありませんが、国家(政府)がその紙切れ自体の価値を保証しました。

(後のニクソンショックにより、紙幣と金との交換は保証されなくなりましたが、発行する国の信用力が紙幣の価値となりました。)

これにより、人々は何の価値もない紙切れ(通貨)で安心して買い物ができるようになりました。

長々と説明しましたが、通貨というものは国家が保証しているから成立しているといっても過言ではありません。

それでは、ビットコインの価値は誰が保証しているのでしょうか?

ビットコインの残高はただの数字であるため金やダイヤモンドのように現物としての価値はありません。

そして、私が調べた限りではビットコインの仕組みを考えたのはサトシ・ナカモトという謎の人物だということだけで、誰もビットコインの価値を保証していません。

つまり、ある日突然ビットコインの仕組みが無くなったり、何とも交換できなくなっても誰も保証はしてくれません。

また、開発者に莫大な利益が入っている時点で本来の通貨としてはおかしなことだと思います。

そのようなものに仮想とはいえ通貨とつけている時点でおかしいなと思ってしまいます。

通貨とはその価値を保証した決済のための交換媒体だからです。

少なくともビットコインなどの仮想通貨と呼ばれるものは、紛らわしいので仮想ポイントと言った方がいいのではないかとさえ思います。

ビットコインは本当に価値があるのでしょうか?

ビットコインは誰からも保証されていないにも関わらず、どんどん値上がりし、もてはやされているのは、ビットコインの保有者や関係する人たちが「ビットコインは価値があるもの」という共通認識から成り立っているからであると思います。

(蛇足ですが、昔、オランダではチューリップの球根1つで家が建ったそうです。)

私が推測するにその背景にあるのはビットコインが円やドルなどの実際の通貨と交換できるという点も大きいかなと思います。

万が一、取引所が規制されてビットコインが円やドルなどの通貨と交換できなくなったとしたら、本当に参加者はビットコイン自体に価値があると思い続けることができるのでしょうか?

私にはどうしてもビットコインはプログラムが生み出した数字にしか思えず価値があるとは思えないです。

ビットコインのブロックチェーンの仕組み自体は素晴らしいものだと思いますが、プログラムは人が作成したものであり、ビットコインが有限であるといっても、そのようにプログラミングされているだけの話です。

プログラムが変更されれば有限でなくなります。

本当にプログラムが変更されないと誰が保証してくれるのでしょうか?

ビットコインが分裂した時点で有限の概念が崩れているような気もしますが・・・。

また、人間が作ったプログラムには必ずといっていいほどバグ(不具合)があります。

どのような完璧と思われるプログラムにもセキュリティホールやバグがあり、いくらセキュリティの高い仕組みといっても本当に不正されていないという確証はあるのでしょうか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

私は本当にビットコインに価値はあるのかという疑問が解決できていません。(むしろ、価値がないと思っています。)

正直な話、世の中の流れを見ていると仮想通貨自体の更なる盛り上がりや将来性は疑う余地がないのかもしれません。

そして、私の思考が時代遅れであるのも認めます。

しかし、自分が価値が無いと思っているものに投資することはできません。

そのため、今は仮想通貨自体に価値があると思い新しいことを始めようとしている会社へ投資するのに留めたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加