信用取引のリスクと効果的な活用法

今回は個人投資家が信用取引口座を開設すべき理由について説明したいと思います。

信用取引に対して怖いイメージを持っている方の参考になればと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

個人投資家が信用取引口座を開設すべき理由

信用取引口座を開設すべき理由を説明する前に、信用取引について基本的な

ことを説明したいと思います。

信用取引とは


信用取引とは、現金や現物で保有している株式を担保として証券会社に預けて、証券会社からお金を借りて株式を買ったり、株券を借りてそれを売ったり(空売り)する取引のことです。

特徴としては、預けた担保の評価額の約3倍まで株式の取引ができます。

ただし、証券会社からお金を借りることになりますので、利息が発生したり返済期限があったりするので注意が必要です。

そのため、信用取引は一般的には短期取引に利用されることが多いです。

信用取引のリスク

信用取引が危ないというイメージがあるのは一般的に以下のようなリスクがあるためです。

  • 空売りの損失は無限大
  • 追証の可能性

空売りの損失は無限大

株を買う取引での損失は、最大でも株価がゼロになった場合の損失額で有限です。

つまり、購入金額分以上の損失になることはありません。

一方で空売りの損失は無限大です。

空売りの仕組み上、空売りをした銘柄の株価が上がれば損失が増えていくことになり、株価の上限はありません。

例えば、100円の銘柄を10000株空売りし、その銘柄の株価が10000円になった場合は、9千9百万円の損失になります。

いきなり株価が100倍になることは、ほとんどありませんが、STOP高の連続で買い戻せなくなる可能性は十分にあります。

特に株式発行枚数の少ない新興市場では要注意です。

追証の可能性

追証とは証券会社に追加で差し出さなければならない担保のことで、信用取引でのポジションが含み損が大きくなったり、担保の証券の株価が下がり価値が減った場合などで、委託保証金率が維持できなくなった場合に発生します。

レバレッジを最大に使い、自分の担保の最大まで取引していると、追証になる可能性が高く、市場の暴落などに巻き込まれた場合は担保以上の負債を抱える可能性があります。

このように信用取引は使い方を間違えると、買い建ての場合でも自分の保有資産以上の損失を抱えるというリスクがあります。

そのため、信用取引はルールを決めて行べきです。

例えば私は空売りの場合は以下のようなルールを持っています。

BK.M流の投資戦略には、IPO投資以外に空売りがあります。 (いずれは直近高値抜けも研究したいと思っています。) メインは...

買い建ての場合は以下のようなルールで行っています。

  • 信用取引は最大でも担保の2倍まで
  • 一つの銘柄への投資は担保の3分の2まで
  • 二階建てはしない(担保の現物株と同じ銘柄を信用取引で買わない)

私は上記のようなルールで信用取引を行うことによりリスクを軽減しています。

信用取引の効果的な活用方法

ここまで、信用取引のリスクを説明しましたが、メリットがたくさんあります。

特にIPOを利用した短中期取引をしている方には有効です。

  • 長期投資の株を有効活用できる
  • 現金残高を確保できる
  • レバレッジを効かせられる

長期投資の株を有効活用できる

将来値上がりすると思って長期投資した場合、その銘柄が目標金額に達するまでは資金が拘束されてしまいます。

もしも、現物取引の口座のみで短期的に値上がりしそうな銘柄を見つけた場合に、現金残高が少なかったら長期投資中の銘柄を一度売却するかその銘柄を諦めるしかありません。

信用口座がある場合は、現物株を担保にすると通常は評価額の80%が買い付け余力になりますので、長期投資中の株を売却することなく他の銘柄を購入できます。

信用取引を上手く使えば、安定した配当がもらえる銘柄や成長株に長期投資しつつ、短期の取引を行えるため資金効率良くなります。

現金残高を確保できる

銘柄を信用取引で購入する事により、証券口座に現金残高として残す事ができます。

SBI証券などではIPOの抽選に参加するためには、申し込み枚数分の現金残高が必要なため、たくさん現金残高がある方が当選しやすくなります。

また、IPOで初日に値がつかずに即金規制となった場合も現金残高があれば対応できます。

レバレッジを効かせられる

少ない元手しかない場合は、リスクをとって3倍程度のレバレッジを効かせた取引ができることは短期で資金を増やすためには有効です。

また、例えば100万円の元手で投資している場合に1単元で100万円以上必要な銘柄を購入できるというメリットもあります。

ただし、リスクの章でも説明しましたが、レバレッジを効かせた取引にはルールを作るなどのリスク管理が必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

信用取引はリスク管理さえしっかりと行えば、危険なことは無く資金を効率的に活用できます。

ただし、信用取引には利息がかかりますので、短期投資なのか長期投資なのか銘柄によって使い分けるといいと思います。

私はやりませんが、逆日歩が付く銘柄を狙っての信用買いも面白いかもしれません。

ちなみに逆日歩とは、簡単に言うと空売り残高が信用買い残高を上回り、株不足になった場合に空売りを行っている投資家から手数料を徴収し、信用買いを行っている投資家が受け取れるお金です。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加