いぼ痔を手術(痔核根治手術)で治すメリットとデメリット

本日、2か月ぶりに病院に行き、いぼ痔の治療が終了とのお墨付きをもらいました。

ちなみに治療終了までに、なぜ5ヶ月もかかったかというと、傷は2か月前には完治していたのですが、かぶれが出て痒くなっていたために薬をもらって治療しており、念のためチェックしてもらったからです。

完全に治療が完了したこともあり、いぼ痔を手術で治すメリットとデメリットについて書きたいと思います。

なお、いぼ痔に無縁の人には全く分からない話だと思いますし、排便の話が多いので読まないことをおススメします(笑)

スポンサーリンク
レクタングル大

いぼ痔を手術(痔核根治手術)で治すメリットとデメリット

いぼ痔を手術で治すメリット

いぼ痔の手術(痔核根治手術)で治すメリットについて説明したいと思います。

実際に手術をした私が感じたメリットは以下の通りです。

  • 外出時にトイレを気にしなくて良くなった
  • 突然の腫れを恐れなくて良くなった
  • 排便を恐れなくて良くなった
  • 金銭的な負担は全くかからなかった(保険に入っている場合)

外出時にトイレを気にしなくて良くなった

既にいぼ痔の人は分かると思いますが、排便のたびにいぼが飛び出すようになると、排便後に拭くのが非常に面倒で時間がかかります。

そのため、いぼ痔の人にはウォシュレットは必須と言ってもいいぐらい重要なもので、外出先などでウォシュレットの無いトイレの場合は非常にブルーになりますし、拭く時間も倍増します。

また、海外に行った場合は、ほぼウォシュレットは付いていませんので、排便だけが本当に嫌でした。

しかし、いぼ痔が完全に治った今は、排便後に拭くのが非常に楽になり、もうどんなトイレでも気にならなくなりました。

旅行や出張でも余計な心配が無くなり本当に楽になりました!

突然の腫れを恐れなくて良くなった

いぼ痔の腫れは突然にやってきます(笑)!

腫れる前の晩とかは何となく分かるようになるのですが、旅行先や次の日に何かイベントがある時に限って腫れたりして本当に嫌な思いをしていました。

いぼ痔が腫れた場合でも、肛門内にいぼが収まればまだいいですが、収まらないと悲惨なことになります。

もうそんな心配をしなくていいだけで幸せです。

排便を恐れなくて良くなった

いぼ痔でいぼが飛び出すだけなら、面倒なだけで済みますが、切れ痔を併発すると本当に激痛で出血も伴います。

北朝鮮問題や保有株ではなく、自分自身に緊急事態が発生しました。 緊急事態が発生し、病院に行った話 今日の話は多少汚い話になるため...

もう、この状態になると、排便するのが怖くなります。

1日に1回程度の排便とはいえ、便意がくるとブルーになります。

とはいえ、排便を我慢し便秘になって便が固くなると更に悲惨なことになるため、毎日覚悟を決めてトイレに行くことになります。

手術をして、いぼ痔を取り除いた今は排便を恐れていた日々を忘れるぐらい快適です!

金銭的な負担は全くかからなかった

手術をすることで金銭的な負担が大きいと考えている方もいるかもしれませんが、私のように保険が適用される病院で出術した場合は金銭的な負担は少なくて済みます。

私の場合の痔を直すためにかかった費用と入ってきたお金の収支は以下の通りです。

痔を直すためにかかった費用

痔核根治手術+10日間の入院(大部屋)+通院+薬代で合わせて約15万円でした。

痔の手術をしたことにより入ってきたお金

生命保険:266,000円 +  会社の康保険組合(高額医療):65,000円 で合わせて33万1千円のお金が入ってきました。

手術をしたことで、18万円のボーナスをゲットできました(笑)

ほとんどの生命保険で痔核根治手術は給付の対象になっていると思いますので、生命保険に入っていれば金銭的な負担はほとんど無いと思います。

費用の観点では、日帰り出術をして自宅で療養するより、入院した方が保険の給付金が増えるため圧倒的に得をします!

いぼ痔手術(痔核根治手術)のデメリット

いぼ痔の手術(痔核根治手術)を行うことのデメリットについて説明したいと思います。

私が考えるデメリットは以下の通りです。

  • そこそこ長めに仕事を休む必要がある
  • 手術する怖さと多少の痛みを克服する必要がある
  • いぼ痔だということがばれる

そこそこ長めに仕事を休む必要がある

痔核根治手術は、手術する部位が肛門という治りづらい箇所の手術で、排便時に傷が開く可能性があることから、入院が割と長い傾向にあります。

私の場合は10日間でした。

また、退院後も若干傷が痛んだりするため療養が必要になる場合もあるかもしれません。

そのため、忙しい方にとっては長めに仕事を休まないといけないのは一番のデメリットかもしれません。

仕事復帰までにかかる日数は以下を参考にしてください。

痔の手術後、何日で仕事復帰できるかというテーマについて書きたいと思います。 この内容は私も手術前に疑問に思っていたことです。 ただし、人それぞれ痛みの感じ方や治り具合も違うと思いますのであくまでも参考程度にご覧ください。

ちなみに、私は3週間ほど会社を休んで、良い休養になりましたが(笑)

手術する怖さと多少の痛みを克服する必要がある

誰だって手術というのは非常に怖いものだと思います。

私も当日はめちゃくちゃビビッてました!

今回は痔の手術当日の内容を書きたいと思います。 前日の大腸検査の情報は以下をご覧ください。 痔の手術当日 この日は...

病院に行って手術を決断するのは非常に怖いですが、これはもう克服するしかありません。

また、手術後に当然ながら痛みはありますので、それも我慢するしかありません。

術後の痛みについては、感じ方や手術する病院・先生によって差はあると思いますが、以下を参考にしてください。

痔の手術を受けてから、今日で約2ヶ月経ちました。 現在の状態ですが、もう全く痛みは感じません。 ただ、痛みはありませんが...

手術する病院をちゃんと選ぶだけで、痛みはだいぶ軽減できると思います。

病院は専門病院で実績や評判のいいところを選んだ方が絶対にいいです。

いぼ痔だということがばれる

会社勤めの場合はある程度の期間休むことになるので、同僚や上司にいぼ痔だということがばれると思います。

やはり、痔というと、多少の恥ずかしさはあるかなと思います。

さすがに嘘をついて休むと面倒なことになりそうですし。

一応、恥ずかしさを軽減するコツもありますので参考にしてください(笑)

いぼ痔と聞いて、皆さんはどう思いますか? 私が子供の頃なら笑ったり冷やかしていたかもしれません。 やっぱり、お尻の病気と...

まとめ

いぼ痔の手術には、痛みと怖さを克服し、仕事を休まなくてはいけないというデメリットがあります。

しかし、いぼ痔は一度できてしまうとそのいぼ痔は自然には治りません。

実質は1ヶ月程度の我慢で、この先の人生において、いぼ痔で悩んでいた無駄な時間が無くなると思えば安いものです!

いぼ痔に悩んでいる方はメリットとデメリットを天秤にかけて検討してみてください。

いぼ痔が完治した今、私は心から手術をして良かったと思います!

今まで何て不便な生活をしていたんだろうという感じです。

しつこいようですが、手術する際は良い病院を探してください。

(2017年12月4日に追記)

もう一つ、痔が治ったメリットがありましたので追記しておきます。

それは、痔が治ったことによるメリットをこの記事で色々と挙げさせてもらいましたが、10年以上悩んでいた悩みの種(痔であること)が一つ解消されたということそのものが一番のメリットでした。

お金のことであったり、仕事、容姿、病気など誰でも悩みの一つや二つはあると思います。

私の場合は悩みの一つが痔であることでした。

一生、痔と付き合っていくんだろうなぁと長年悩んできたため、もう痔で悩む必要がないことが幸せということに、ふと気が付きました。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







コメント

  1. 遠井雄史 より:

    はじめましてこんにちは
    営業のコメントを付ける予定でしたが、予定変更して痔に関するコメントを。

    本当の名医と呼ばれる病院でやればこんなに長引きません。また、15万円と書いてあるので、これは確実に関東圏の病院だと思いました。私はいぼではなく、脱肛だったのですが、かかった金額も日数も多くありませんでした。ただし、レーザー切除で98%切り取り、普通の日常生活に戻れたと実感したのは手術から一か月以上経過した後でした。
    その前にした手術は明らかに下手なところでしたために、再発、悪化しました。

    なんにせよ、手術はしてしまうべきですよね。

    お大事に~

    • BK.M より:

      遠井雄史さん

      コメントありがとうございます。
      傷は順調に治ったんですが、夏場という事もありかぶれて病院で最終OKが出るまでは長くなりました。
      ちなみに、私が手術を受けたのは都内の病院です。
      そして、この病院1か所でしか手術の経験が無いので、本当の名医だったかどうかは分かりませんが、現在も快適で結果は満足です。