株を買うベストなタイミングを考察

株で儲けようとすると重要になってくるのが株を買うタイミングだと思います。

なぜなら、株は安い時に買って、高くなった時に売るのが基本だからです。

せっかく良い銘柄でも天井で買ってしまうとなかなか儲けることはできません。

今回は株を買うベストなタイミングについて自分なりに考察した結果を書きたいと思います。

スポンサーリンク

株を買うベスト(最適)なタイミングを考察

株を買うベストなタイミングとはどういうタイミングでしょうか?

株は安い時に買って、高くなった時に売るのが基本です。(今回は空売りは除きます。)

それならば、単純にPerやPBRなどで判断して、割安な株を買うのがベストなタイミングかというと違うと思います。

それは、例え割安で放置されていても株価が上がらなければ儲けられないからです。

つまり、市場(他の大多数の投資家)がその銘柄が割安であると気づいて、買い始めなければ儲けられません。

みんなが割安と気づくまでの間は、儲けることができず、それは1年や2年かかるかもしれませんし、もっと時間がかかるもかもしれません。

そういう意味では、単純に割安な株価を買うだけではベストなタイミングだとは言えません。

 

株を買うベストなタイミングとは、時間的な概念も入れて、短期で自分の買った株価から上昇局面に入り、効率良く儲けられるタイミングに買うということでOKだと思います。

 

ここで先に断っておきますが、ベストなタイミングだったかどうかは将来分かるものであり、銘柄を買った時点でベストかどうかは誰にも分かりません。

なぜなら、自分が買った株価が本当に安いかどうかを決めるのは市場だからです。

そのため、ベスト(最安値で買った直後に急騰)を意識しすぎず、損をする可能性が低く、なるべく効率良く儲けられるタイミングに買うぐらいの心構えの方がいい結果をもたらすと思います。

短期で効率良く儲けられるタイミングとは

短期で効率良く儲けられるという観点でのベストなタイミングを考えた場合、以下の3つの局面でパターンを分けたいと思います。

  • 株価が上昇中の局面
  • 株価が下落中の局面
  • 株価がレンジ(横横)の局面

株価が上昇中の局面

何らかの材料が発表されたり、需給面で突如上昇を開始した銘柄の局面です。

この局面でのベストなタイミングは、材料が大きいと判断でき、その上昇が初動である場合はすぐに買うことだと思います。

押し目買いに押し目なしという格言もあるぐらいで、本当に買いだと思える材料が出て上昇を開始した銘柄でモタモタしているとあっという間に株価が上昇し、押し目を待っていてもいつまでも買えない状況になります。

よくあるパターンが自分では凄い材料が出たと思っていたのに、それほど株価が上昇していなくて様子を見ているうちに、あっという間に株価が上昇しSTOP高になり買えなくなったというようなことがあります。

 

なお、株価が初動ではなく大相場を作っており、イナゴタワーができている場面では要注意です。

また、たいした材料もなく上昇し過ぎている場合も注意が必要です。

この場合は、天井である可能性があるため購入を見送る決断も必要です。

株価が下落中の局面

悪材料が出て大幅に株価が下落している時や天井をつけた銘柄が大幅に下落しているような局面です。

この局面でのベストなタイミングは、当然ながら底を打って、反転し始めたタイミングがベストのタイミングということになると思います。

ただ、底を判断するのは非常に難しいため、大底を狙って下落途中で買わないようにすることが大事です。

落ちるナイフはつかむな
投資の格言に落ちるナイフをつかむなというありがたい教えを先人達が残してくれています。 私は休むも相場と合わせて、この格言を大切にしています。 落ちるナイフはつかむなの解釈 落ちるナイフとは何か? 落ちるナイフ、これは...

 

そのため、下落中の局面で効率良く儲けられる可能性が高いタイミングというのは、大底は逃すかもしれませんが、反転を開始したことを確認してから購入することだと思います。

ちなみに、大きな悪材料が出て下落した場合は反転しないこともあるので注意してください。

どちらかというと押し目の時に有効な戦法だと思います。

株価がレンジ(横横)の場合の局面

レンジを形成していて、一定の株価の範囲内に収まっている局面で、ほとんどの銘柄がこれに当てはまると思います。

このレンジの局面の銘柄で効率よく儲けられるタイミングを判断するというのは難しいです。

なぜなら、良くも悪くも市場の注目を集めていないからです。

突然材料が出て急騰するかもしれませんが、そのタイミングはインサイダー情報でも無い限りわかりません。

この局面の銘柄を買う場合は、動き出してから買うか、ベストなタイミングは意識せずにいつか注目されることを信じて現物で保有しておくことだと思います。

 

なお、直近IPOはレンジの局面の場合でも再注目されやすいため、私は直近IPOの場合はレンジ局面でもよく購入します。

まとめ

株を買うベストなタイミングとは、短期で自分の買った株価から上昇局面に入り、効率良く儲けられるタイミングに買うことだと結論付けしました。

そして、3パターンの局面で私が意識している買い方を説明しました。

しかし、ベストのタイミングだったかどうかは後にならないと誰にも分かりません。

儲けることも大事ですが、大きな損を出さないことが投資においては重要だと思います。

そのため、株を購入する際に大事なことは、購入した時点で自分の受け入れられる損失額を決めておくことだと思います。

上昇局面では、この額の損失が出た場合は損切りするとか、下落局面では、この底値と思っている株価を割ったら売却するといった感じです。

つまり、株を買うベストなタイミングは、例え損切りすることになっても、受け入れられる株価で買うことでもあるかなと思います。

 

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
BK.M流投資論
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント