普通の人が優秀なトレーダーになれるかどうかの実験

投資の才能がないと思われる普通の人が優秀なトレーダーになれるかという実験を行った人がいます。

その人物とはリチャード・デニスという数千ドルを数十億ドルにしたという伝説的なトレーダーです。

この結果は、個人投資家の方の参考になると思いますので紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

普通の人が優秀なトレーダーになれるかどうかの実験

リチャード・デニスというスーパートレーダーとその相棒のウィリアム・エックハートはどんな人でも優秀なトレーダーに育てることができるかどうかということを話していました。

そして、ウィリアム・エックハートは投資の才能が必要だと言い、リチャード・デニスはどんな人でも優秀なトレーダーに育てることができると主張しました。

そんな二人はどちらの主張が正しいかの賭けをして、そしてその答えを見つけるために実験を行いました。

優秀なトレーダーを育てることができるかの実験内容

それでは具体的にどのように実験したかを説明したいと思います。

人材の募集方法

二人は「トレーダーの研修生を募集中。興味のある人は誰でも歓迎」という広告を新聞などに出し、その広告には100万ドルの口座の運用とリチャード・デニスが投資手法を教えると書かれていたそうです。

その結果、応募者約1000人の中から13人を選びました。

13人の人物は以下のような多彩な人達だったそうです。

  • ギャンブルとゲームに全般に、並々ならぬ興味を持つ人物
  • シカゴ大学の言語学博士号をもつ人物
  • 米国最大手の穀物企業、カーギル社のトレーダー
  • トレーディング経験のある人物が数名
  • 会計士
  • ブラックジャックとバックギャモンのプロ・ギャンブラー

リチャード・デニスは応募者が殺到したので、第一級の知力を持つ人物を選んだそうです。

そして、2年目にも10人のトレーダーを追加したそうです。

個人的には、普通の人が優秀なトレーダーになれるかどうかの実験であれば、全く投資のことを知らないズブの素人を選んでほしかったですが、大金を賭けて実験する以上は、やる気があり、ある程度の素養が無くてはどうしようもないので仕方ないですね(笑)

それに、知力が高いからといって投資で成功できる訳ではないので、応募者を選んだ段階では投資に関しては普通の人という条件が成り立つと思います。

実験方法

具体的な実験方法は以下の流れになります。

  1. 2週間の講習プログラム(2年目は1週間の講習プログラム)
  2. 少額の口座でトレーディング実習
  3. 100万ドルの口座の運用(2のトレーディング実習で実績を上げた者)

上記の実験内容に関して意外であり、そして多くの個人投資が参考にすべきことはリチャード・デニスによる投資手法に関する講習はたったの2週間しかないことです。

2年目に至っては、1週間だけしか講習がありませんでした。

つまり、スーパートレーダーの投資手法は勉強するの何年もかかるような複雑な手法ではなく、たった2週間や1週間程度で教えてもらえるくらいのボリュームしかないということです。

ただ、この講習はあくまでも座学であり、理論の勉強に過ぎません。

学んだ内容を実際のトレードに活かせるかどうかの実習で差が出たようです。

すぐに100万ドルの口座を任される者や最高額の200万ドルの口座を任される者、少額の口座を渡される者に分かれたようです。

結果の判定条件

上記の実験において、結果の判定条件は以下のように決まりました。

1年後に、教育した人達の資産が平均して25%以上増えていれば、リチャード・デニスの普通の人を優秀なトレーダーに育てることができるという主張が正しいという結果にすることに決まりました。

平均25%以上という数字はかなり控え目だと思いますが、1年で成し遂げるの普通に何の理論も持っていない初心者では難しいと思いますので、ちょうどいいのかもしれません。

実験結果

この実験の結果はどうなったかというと、リチャード・デニスが勝利し、彼が教育したトレーダー達の平均資産は軽く25%以上増えていました。

リチャード・デニスが育てたこのトレーダーたちはタートルズと呼ばれ、伝説的なトレーダー集団になりました。

それは、4年を超えるこのタートルプログラムの期間中の結果は、平均100%以上のリターンを維持したというもの凄い結果になっていたからです。

この結果として、普通の人でも優秀なトレーダーに育てることができるということが証明されました。

言い換えると、普通の人でも優秀なトレーダーになれる可能性が十分にあるということです!

もう一つ興味深い結果があります。

タートルズの中でも、もの凄いパフォーマンスを上げた人と、途中でリタイアした人やあまり良い運用成績を上げられない人に分かれました。

彼らは同じ教育を受けたのになぜ差が出たのでしょうか?

ダメだった人達は以下の傾向が出たそうです。

  • 何度か損切りが続くなどした場合に教え(規則)を疑って守れなくなってしまった
  • リスクを減らそうと、勝手に教え(規則)を変更してしまった

つまり、上手くいった人といかなかった人の差はリチャード・デニスの教え(規則)を忠実に守れたかどうかです。

成功できなかった人達はルールを守れなかった人達です。

実績があるルールをただ忠実に実行するのは、非常に難しいことだとリチャード・デニスも認めています。

投資の難しさは、実績があり儲けられるルールがあると分かっていても、不安になったり、欲が出たりしてその通り実行することができないからということになります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

タートルズの実験結果から、普通の人が優秀なトレーダーになれるということが証明されました。

ただし、そのためには二つのことが必要なことがわかりました。

  • 実績のある運用ルールを学び身につけること
  • 運用ルールを忠実に実行すること

まずは、運用ルールについては自分の投資スタイルにあったルールを身につけていく必要があると思います。

この運用ルールを学ぶのは、タートルズの実験でもたった2週間という短い期間のものです。

結局、重要なことはそのルールを忠実に実行することということになります。

そして、これが一番投資の難しいところだとリチャード・デニスも言っています。

ルールを守る重要さを頭に入れておくだけでも、今後のトレードに活かせるのではないでしょうか。

そして、特別な才能がない普通の人でも優秀なトレーダーになれることが分かりましたので、モチベーションアップにもなると思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加