大量保有報告書の検索と簡単な見方、知って得する活用方法を公開

特定の銘柄に関して、機関投資家や大口の投資家などが大量保有をしているかどうかを大量保有報告書から調べることができます。

この大量保有報告書の検索の仕方や報告書の中身の見方、知っておくと得する活用方法について説明したいと思います。

スポンサーリンク

大量保有報告書の検索と簡単な見方、知って得する活用方法

大量保有報告書とは

大量保有報告書とは上場している会社の株を5%超保有した場合に、金融商品取引法により5営業日以内に提出が義務付けられている書類のことです。

また、1%以上の増減があった場合やその他の大要保有報告書に記載すべき重要な事項の変更が生じた場合にも、5営業日以内に提出が義務付けられています。

これは、特定の株が買い占められた場合に、株価が急上昇する可能性などがあることから、株式市場の透明性の確保などを目的として制定された制度だと思われます。

大量保有報告書の検索方法

大量保有報告書が提出されているかどうかを検索する方法を説明します。

大量保有報告書は有価証券報告書等の開示資料を閲覧するサイトであるEDINETから検索することができます。

準備としてPCやスマホとインターネット接続環境及びPDFを閲覧できるソフトが必要になります。

具体的な大量保有報告書の検索手順は簡単で以下の通りです。

  1. EDINET(http://disclosure.edinet-fsa.go.jp/)へアクセス
  2. トップページの「書類検索」タブをクリック
  3. 書類種別の項目で「大量保有報告書」にチェックを入れる
  4. その他、必要に応じて提出者の名前や提出された日付を入れて「検索」ボタンをクリック

上記の手順により、条件に該当する資料を閲覧することが可能です。

大量保有報告書の簡単な見方

大量保有報告書は書式が決まっており、難しそうなことが様々と記載されていますが、見るべきポイントは多くありません。

私がいつも見ているのは以下の3項目だけです。

  • 提出者に関する事項の中の「提出者の概要」の【提出者(大量保有者)】
  • 提出者に関する事項の中の「提出者の概要」の【保有目的】
  • 提出者に関する事項の中の「提出者の概要」の【保有株券等の内訳】

【提出者(大量保有者)】

この項目では、単純に誰が大量保有したかをチェックするだけです。

ファンドなのか、別の企業なのか、個人なのかを調べます。

有効活用法でも説明しますが、有名な投資家やファンドが大量保有すると株価が上昇することがあります。

【保有目的】

この項目では、どういった目的で大量に株式が保有されたかを調べます。

内容としては以下のようなものがあります。

  • 純投資など … 投資目的として保有されているため株価が上昇すれば売られる可能性があります。
  • 経営安定のためなど … 主に社長や役員などが経営安定のために保有しているため、そうそう売られることは少ないと思います。
  • 経営参加や資本提携のためなど … 親会社や協業企業が安定株主として長期保有することが多いためすぐに売られる可能性は低いと思います。

いずれの理由にしても、大量保有されることは株価にとってはプラスに働くと思います。

特に経営参加目的は取得してきた企業によってはサプライズになることもあります。

また、純投資でも機関投資家が株価が上がると思って投資しているためプラスの材料です。

【保有株券等の内訳】

この項目では、株式の「保有割合」や「最近60日間の取得又は処分の状況」が特にチェックポイントです。

「保有割合」で増減をチェックすることができます。

変更の場合に大量保有報告書が提出された場合に、大量に保有されている株が売られたのか更に買い増しされたのかが分かります。

当然ながら、売られた場合は悪材料になります。

また、「最近60日間の取得又は処分の状況」によりどのように増減したのかが分かります。

私が着目している点は、「市場内外取引の別」という項目で市場内で取引されたのか市場外で取引されたのかをチェックしています。

市場外で取引されている場合は、直接株価には影響しませんが、市場内で取引されている場合は株価に影響しますので要注意です。

市場内で処分している場合は、今後も市場で売ってくる可能性もあるため、当然ながら株価が下落する要因になります。

逆に市場内で取得している場合は、今後も市場内で買い増ししてくる可能性があり株価上昇要因でもあります。

知って得する活用方法

上記の通り、大量保有報告書の見方を説明しましたが、この大量報告書を利用した取引の活用方法を紹介したいと思います。

  1. 特定のファンドで検索する
  2. 不特定多数の大量保有報告書を検索する
  3. 特定の企業で検索する

特定のファンドで検索する

EDINETの検索画面で「提出者/発行者/ファンド」の項目に特定のファンド名を入力して検索します。

例えば、「村上世彰」と入力して検索すれば、元村上ファンドの村上氏が大量保有している銘柄を検索することができます。

この検索方法を利用することに、著名な投資家やファンドが保有している銘柄を真似して買うという戦略をとることが可能です。

ただし、大量保有報告書が提出されるのは5営業日以内のため、その提出者の取得金額よりは割高で取得することになることが多いため注意が必要です。

不特定多数の大量保有報告書を検索する

EDINETの検索画面で大量保有報告書にのみチェックを入れ「提出者/発行者/ファンド」の項目は空にして、「決算期/提出期間を指定する」 の項目の「提出期間」で「当日」を選択して検索します。

これにより、検索を実施した当日に提出された大量保有報告書だけを検索することができます。

大量保有報告書の簡単な見方でも説明した通り、新規に大量保有されることは株価が上昇する要因になります。

そのため、常に不特定多数の大量保有報告書が出されるのをチェックし、内容により投資するという方法もあります。

特定の企業で検索する

EDINETの検索画面で「提出者/発行者/ファンド」の項目に特定の企業名を入力して検索します。

これは、自分が保有している銘柄の大量保有報告書の状況を確認することで、今後の投資判断に利用できます。

当然ながら新規で大量保有報告書が提出されればプラスですし、大量保有者が売却し始めたらポジションをクローズする判断も必要かもしれません。

いずれにせよ、自分が保有している銘柄の大量保有報告書の状況はチェックすべきです。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、大量保有報告書の検索の仕方や簡単な見方、有効活用法を説明しました。

大量保有報告書の情報は無料で検索することができますので、今まで知らなかった方などは投資の判断に活用してみてはいかがでしょうか?

ちなみに私は自分の保有している銘柄については、毎日EDINETでチェックするようにしています。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
BK.M流投資論
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント