AI(人口知能)が進化したら、英会話の勉強は不要になるのか?

今話題のAIが進化したら、英会話の勉強は不要になるのかというテーマについて考えてみました。

私は業務上、英語力が必要で英会話に苦戦しているため非常に興味があります。

スポンサーリンク

AI(人口知能)が進化したら、英会話の勉強は不要になるのか?

今、ホットなキーワードの一つにAI(人口知能)があります。

AIを専門に研究している会社が上場され、株価が急騰するなんていう話は日常茶飯事です。

これは、将来AIが今よりも更に進化し、AIが人間と同様またはそれ以上の能力を発揮できる世の中になるという期待からだと思います。

AIが様々なシーンで活用され、今よりも便利になり人々の暮らしを助けてくれるという側面とAIが多くの仕事を奪うといった負の側面の両方があると思います。

そんな中で、AIによる自動翻訳は多くの人に期待されている機能ではないでしょうか?

誰もが母国語以外の言語を習得しなくても、世界中の人と会話できる世の中になれば本当に素晴らしいと思います。

現在の状況とAIがどのようになれば、英会話の学習が不要になるかという順に考えていきたいと思います。

現在の英語関連のアプリケーションの状況

現在でも、音声による英語の自動翻訳というアプリや文章を訳してくれるサイトなど英語翻訳に役に立つものがたくさんあります。

例えば、日本語の音声を英語に変換してくれるアプリはGoogle翻訳をはじめたくさん出ています。

また、英語の文章を日本語に変換してくれたり、その逆として英語を日本語に翻訳してくれるようなサイトも無料で使えます。

これらが使えるだけでも、非常に便利な世の中になったと思います。

私は仕事で外国人とメールでやり取りすることが多いのですが、自分が書いた英文が正しいのか相手の英文の意味をざっくり理解するために、翻訳サイトを使用することよくあります。

特にGoogle翻訳の精度はかなり上がっていて、自然な訳にしてくれることが多く重宝しています。

ただ、これらのアプリやサイトを活用すれば英語の学習(知識)が不要になるかといえば、残念ながらまだまだ足りません。

あくまでも補助に過ぎません。

大きな理由は以下の通りです。

  • 誤訳が多い(状況判断ができない)
  • 英会話としては実用に耐えない

誤訳が多い(状況判断ができない)

英単語の意味は一つではありません。

日本語の単語に対応する英単語も一つではありません。

そのため、翻訳アプリはどうしても代表的な意味を利用する傾向にあり、前後の文章やどういった内容の話をしているのかといった判断がまだまだできていないため、意味の通じない日本語訳になったり、英文になったりします。

また、言語の違いによる言い回しの違いにも追いついていないです。

日本人に対してメールを打つ感覚の文章をそのまま翻訳にかけると変な英文ができあがることが多いです。

 

そのため、自分自身の文法能力でちょっと文章がおかしいなとか間違っているなと判断できない人がそのまま翻訳アプリをビジネスで使用するのは危険だと思います。

英会話としては実用に耐えない

音声入力で自動翻訳してくれるアプリなどがありますが、まずは1つ目の理由と同様に誤訳が多いことと、聞き取り能力の弱さと変換に時間がかかる分、コミュニケーションを取るための英会話では実用に耐えないのが実状です。

本当に困ったとき、例えば外国でのホテルのチェックインの時など、どうしても何らかを相手に伝えなければならない時や相手も何とか聞き出さないといけない時に使用できるレベルだと思います。

当然ながら、英語での会議にこのようなアプリを1人で使っていても全く追いつけませんし、外国人との懇親会でこのようなアプリで会話していたら、仲良くなるどころかイライラされてしまいます。(遊びとしてはいいかもしれませんが。)

ましてや、自分の意図した内容と全く違うように翻訳されていたら、ビジネスとしては致命的になります。

将来AIがどのようになれば英会話の学習が不要になるか?

これは非常に簡単に言い表すことができます。

 

それは、英語と日本語をネイティブレベルで話せる人の脳で考えていることと同じことをAIができればいいのです。

 

言うのは簡単ですが、それをプログラムで実現するのは相当難しいです。

それを、プログラムで実現するためには少なくとも以下のようなことができないと通訳者のレベルに追いつきません。

  • 利用者の立場や状況を判断し、適切な翻訳を行う
  • 方言や訛りなども踏まえて適切にインプットし翻訳する
  • 声のイントネーションや相手の表情、動作などから判断し翻訳する
  • 上記の翻訳変換を瞬時に行う

上記をみて、いかがでしょうか?

まず、利用者の立場や状況を判断するには、膨大な情報が必要です。

旅行者とビジネスマン、学者では使う言葉や内容が異なりますし、上司と部下、お客様と店員では使う言葉使いも違います。

更に方言や訛り、声のイントネーションまで考慮しないといけないとなると、膨大な情報を解析することになり、人間がプログラミングするのはほぼ不可能です。

そうなってくると、プログラム自体が学習するしか方法はありません。

そんなことは不可能と思うかもしれませんが、プログラム自体が学習できるのがAIのディープラーニングということになります。

膨大な情報を与えれば自ら学習していくことが可能です。

つまり、英会話に必要な膨大な情報があれば、AIが完璧に翻訳できるように可能性は十分あると思います。

そして、そのプログラムが持ち運び可能なサイズになり、実用化されれば人は英会話(他言語)を学習しなくても会話できる世の中になると思います。

 

しかし、問題は実用化されるのがいつなのかということです!

オリンピックが東京で開催される2020年までなのか、20年後なのか、100年後なのかです。

これを実現するためには膨大な情報が必要です。

また、持ち運びできるレベルで膨大な情報を解析するようなハードウェアの開発も必要かなと思います。

スーパーコンピューター上では実現できたとしても、人々が持ち運べないと意味がありません。

そのため、本当の意味での実用化は10年や20年のレベルでは難しいのではないかと思います。

 

つまり、来年の1月中旬に海外出張の予定が入り、いよいよ英語を勉強しないとやばくなっている私にはAIに頼ることはできません!

まとめ

AIが進化して、英会話の勉強をしなくて済むという時代がくるのは技術的には不可能ではないと思います。

しかし、実用化までのハードルは高く、それが実現できるのがいつかというとだいぶ先の話になりそうな気がします。

また、実用化されたとしても、高価で販売される可能性もあり、それがもし1000万円で販売されても買うかという問題もでてきます(笑)

 

私のようにAIがあれば、英語なんか勉強しなくてもいいと思っている方は要注意です。

ちなみに私は以下のように偉そうなことを記事にしていますが、英語の勉強はほとんど進んでいません・・・。

正しい英語の勉強方法とは?
英語力を身につけるメリットは前回記事にしました。 今回はどうやって英語を勉強するべきかというテーマで考えました。 英語の勉強は何をやるべきか? 私は過去に英語を勉強しようとして、途中で何回も挫折しています。 挫折...

 

海外出張なども決まり、いよいよ英語を勉強しないとやばくなってきましたので短期集中型の英会話教室に通う予定です。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
英語勉強
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント