IPOラッシュの時に狙うべき銘柄の3つのポイント

正直なところ、ここ数日の日経平均の下落が調整だったのか、天井をつけて下落トレンドに入ったのかは判断がついていません。

そのため、良くも悪くも現在はノーポジで様子見の状態になっています。

今は11月の末から始まるIPOラッシュに備えて、資金を蓄えています。

今回はIPOラッシュの時の銘柄選びのポイントについて考えたいと思います。

スポンサーリンク

IPOラッシュの時に狙うべき銘柄の3つのポイント

11月末から上場される銘柄について

11月17日時点で判明しているだけでも、約1ヶ月間で以下の通り24銘柄が上場される予定です。

これはなかなかのIPOラッシュです!

上場日銘柄名コード
11月28日幸和製作所7807
11月28日クックビズ6558
11月28日ポエック9264
11月29日トレードワークス3997
12月7日アトリエはるか6559
12月12日一家ダイニングプロジェクト9266
12月12日カチタス8919
12月13日SGホールディングス9143
12月13日グローバル・リンク・マネジメント3486
12月13日マツオカコーポレーション3611
12月13日ヴィスコ・テクノロジーズ6698
12月14日アルヒ7198
12月14日エル・ティー・エス6560
12月15日HANATOURJAPAN6561
12月15日イオレ2334
12月18日ナレッジスイート3999
12月18日歯愛メディカル3540
12月18日すららネット3998
12月18日ジーニー6562
12月19日みらいワークス6563
12月20日オプトラン6235
12月20日森六ホールディングス4249
12月21日プレミアグループ7199
12月22日ミダック6564

 

上記のように、同じ日に複数の銘柄が上場されるタイミングにはIPOセカンダリー投資家にとっては宝の山です。

理由は簡単です。

世の中には一定数のIPO専門の投資家がいます。

IPOが少ないとその銘柄に資金が集中し、初値が高騰することが多いためセカンダリー投資は旨味があまりありません。

しかし、IPOが連続すると資金が分散され、思わぬ安値で寄り付いたりとお宝銘柄が生まれます。

上のリストからみると、11月28日はちょっと地味な幸和製作所が安く寄り付いたりしたら楽しみですし、12月中旬のIPOラッシュではお宝が一つや二つは出そうです!

では、どうやってお宝銘柄を選ぶかを紹介します。

狙うべき銘柄のポイント

私のIPOの投資戦略は基本的に以下のリンクで説明している通りです。

IPO銘柄の投資戦略
前回、IPO銘柄をホットな期間に売買すると書きましたので、今回はもう少し具体的に狙いについて書きたいと思います。 ちなみに、IPOとしてホット期間は長くて3ヵ月程度とみています。 BK.M流IPO銘柄の投資戦略 BK.M流...

基本的には初値によってエントリーの方針を分けていますが、狙いはそこそこ人気銘柄です。

しかし、IPOが重なっている時は、その中でも特に銘柄選びが重要です。

なぜなら、新規上場銘柄が少ない時であれば、不人気銘柄でも資金が集まることが多いです。

しかし、今回のようなIPOラッシュ時に不人気銘柄へ投資してしまうと、資金が回ってこずにそのまま出来高が減って終了というパターンもよくあります。

また、人気の銘柄は大暴騰する可能性が大いにあります。

しかし、IPOが多い時は資金がすぐに他へ移ってしまい、初値が天井になってしまうリスクがあるため底を見極めてからのエントリーが無難です。

そこで、IPOラッシュ時に狙うべきそこそこ人気銘柄で注目すべき3つのポイントを説明したいと思います。

  1. 割安である
  2. 配当が出る
  3. 成長が期待できるような何かがある

1.割安である

これは、低リスクでお宝銘柄をゲットするためには重要です。

単純にPERが低いというだけではなく、同業他社のPERとの比較で安いというのでもOKです。

そして、来期の成長も加味してPERを計算します。

いくら成長期待のIPOとはいえ、心理的には割安な銘柄は買われやすい傾向にあります。

しかし、実力はあるのに何となく地味なIPOや他に大人気な銘柄などがあると意外と割安で寄り付くことがあるので狙い目です。

2.配当が出る

配当が出るというのも、地味系の銘柄では意外と重要です。

成長重視の新興銘柄は配当が出ないことが多いですが、新規上場時から配当が出る銘柄もあります。

配当が出るということは経営が安定していて、下値の目途にもなり安心感が出るため暴落のリスクが軽減します。

特にAIや自動運転などの流行りのキーワードが無い銘柄では、配当が出るとポイントが上がります。

3.成長が期待できるような何かがある

地味な銘柄でも隠れた光るポイントが一つあることが望ましいです。

なぜなら、割安で配当が出る銘柄は東証1部や東証2部などにごろごろあります。

IPOのメリットは何だかんだ言っても成長が期待できないとダメだからです。

そのため、東証1部に新規上場したような銘柄はたいして上がりません。

明らかに、AIや自動運転のようなホットなキーワードがなくても、独自性があったり市場自体がまだまだ伸びる余地があるなど、成長が期待できる何かがあるとポイントアップです!

何か期待できる特許をもっているなんかでもいいかもしれません。

むしろ、最初はみんながそれほど気にしていないぐらいの内容が望ましいです。

株価が上昇して、はじめて大多数の投資家(イナゴ投資家)が気付くというような感じです。

 

上記のような銘柄が安く寄り付いたらチャンスです!

まとめ

今回はIPOラッシュ時に役立つ銘柄の選定ポイントを3つ紹介しました。

IPOセカンダリー投資の難しいところは、地合いやタイミングによって買うべきかどうかが分かれてしまう点です。

いい銘柄でも初値が高くなるとリスクが大きくなりますし、地合いが悪くいい銘柄が思わぬ安値で寄り付くなんてことがあるからです。

 

そのため、各銘柄がいくらで寄り付いたら割安かを事前に決めておき、上場日に気配をチェックするのがいいかと思います。

そして、その都度、想定価格より寄り付きが安ければエントリーするというやり方がおすすめです。

 

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
市況・株式銘柄分析
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント