タイムバンク(Timebank)の登録者の情報からサービスの現状を分析

タイムバンクについてはサービス開始からある程度時間が経過しましたので以下の記事で課題として上げた登録者(専門家)の品質の維持について調査しました。

タイムバンク(Timebank)の2つの課題と問題点
ネット上でも話題になっているタイムバンク(Timebank)の課題と問題点について考えました。 始まったばかりのサービスのため課題と問題点があると思います。 これからタイムバンクを購入しようと思う方の参考になればと思います。

また、登録者(専門家)からサービスの現状を分析しましたので、タイムバンクに興味がある方の参考になればと思います。

スポンサーリンク

メタップスが運営するタイムバンク(Timebank)の登録者の情報からサービスの現状を分析

まずは、どのようにすれば専門家として登録されるかを再確認したいと思います。

タイムバンクへ専門家として申請する方法と審査基準

タイムバンクへ専門家として時間を売り出す申請を行うためにはタイムバンクのサイト(https://timebank.jp)にアクセスし「時間発行を申請する」というボタンをクリックすればOKです。

最初にSNSのフォロワー数などから影響力スコアを診断され、31歳以上の人は影響力の偏差値が57以上、30歳以下の人は53以上から申請可能です。

この影響力スコアの基準は緩和されました。

リリース当初は年齢に関係なく一律偏差値が57以上でした。

そう意味では、若者の間口を広げたのはいい傾向だと思います。

上記の影響力スコアをクリアした人は二次審査に進めるという仕組みのようです。

また、芸能事務所・出版社・音楽レーベル・MCNなど専門性のある個人を支援する企業を対象としたパートナープログラムも開始したと2017年9月28日にプレスリリースを出しており、これは、企業と直接契約し、その企業に所属する専門家をタイムバンクで売り出すということだと思います。

現時点で登録されている登録者がパートナープログラム経由かどうかは確認できませんが、
新しい取り組みとして面白いと思います。

タイムバンクのカテゴリと登録者(専門家)

タイムバンクの専門家は11/21現在で以下のカテゴリに分かれています。

専門家のコードの最初の番号で分かれているようです。

専門家コード カテゴリ
1~アスリート
2~俳優・モデル
3~芸能人・タレント
5~クリエーター
6~経営者
9~専門職・その他

専門家コードの空き番である4や7,8のカテゴリが何かが気になるところです。

私の個人的な予想では、作家・漫画家、アーティスト(音楽)、アイドルなどではないでしょうか?

具体的な登録者を確認すると2017年11月21日現在では以下のようになっています。

専門家コードカテゴリ名前秒単価備考
1000001アスリート岡田 優介30.0プロバスケットボール選手
1000002アスリート青木 真也24.9総合格闘家
1000003アスリート為末 大86.0元オリンピック選手
1000004アスリート葉坂 多壱貴6.7ピラティストレーナー
1000005アスリートMoney 12.7ダンサー
1000006アスリート白井 俊太4.2(公募)パルクールアスリート
2000001俳優・モデルゆうこす118.3 
2000002俳優・モデル田中 麻衣6.0 
2000003俳優・モデル斉藤 マリナ15.0 
2000004俳優・モデルあやぷー22.0 
2000005俳優・モデル吉田 ももみ4.2(公募) 
3000001芸人・タレント内山 麿我22.9 
3000002芸人・タレント佐々木カルパッチョ17.5 
3000003芸人・タレント市井 紗耶香152.7 
3000004芸人・タレント入江 慎也22.0 
3000005芸人・タレントあやまん28.1 
5000001クリエーター箕輪 厚介159.9幻冬舎 編集者
5000002クリエーター別所 隆弘11.7プロフォトグラファー
5000003クリエーター武 盾一郎8.5線譜画家
5000004クリエーター蛇足75.0シンガー
5000005クリエーター冨永ボンド9.1画家
5000006クリエーターカブキン13.4Youtuber
5000007クリエーター落合 陽一468.0メディアアーティスト
5000008クリエーター黒田 明臣7.0ポートレート
フォトグラファー
5000009クリエーターmiho23.0インスタグラマー
5000010クリエーター石川 涼50.5VANQUISH 代表
5000011クリエーターヒロトP10.9コンテンツプロデューサー
5000012クリエーターGOROman28.4社長/VRクリエイター
5000013クリエーターZU-nA8.4ビットボックスのプロ
5000014クリエーター渡井 ももすけ22.3(公募) 
5000015クリエーターアキラサンセット36.2(公募)作詞作曲家
5000016クリエーターほくぴー11.2(公募) 
5000017クリエーター東 晃慈8.4(公募)ビットコイナー
6000001経営者経沢 香保子189.9 
6000002経営者千葉 功太郎71.7 
6000003経営者高野 秀敏30.5 
6000004経営者田端 信太郎195.3 
6000005経営者國光 宏尚145.0 
6000006経営者横塚 まよ7.8 
6000007経営者見城 徹191.5 
6000008経営者堀江 貴文312.0 
6000009経営者高橋 直大39.9 
6000010経営者泉 健太15.0 
6000011経営者井戸 実55.6(公募) 
9000001専門職・その他はあちゅう99.5ブロガー・作家
9000002専門職・その他坪田 信貴16.5坪田塾 塾長
9000003専門職・その他アイスマン福留23.9アイス評論家
9000004専門職・その他海保けんたろー19.7ドラマー
9000005専門職・その他大石 哲之17.0ビットコイナー
9000006専門職・その他あやジャク15.3LINE LIVE配信者
9000007専門職・その他チョコレート君5.4チョコレート探検家
9000008専門職・その他石橋 伸洋9.5麻雀プロ
9000009専門職・その他本谷 亜紀6.7ラーメン評論家
9000010専門職・その他渡邊 義明5.0美容師
9000011専門職・その他井上 公造31.0芸能レポーター
9000012専門職・その他松澤 茂信19.5(公募)観光会社別視点 代表

(敬称略及び秒単価は2017/11/21のチェック時の値)

 

専門家の数は60人で多彩な顔ぶれとなっています。

登録者(専門家)の情報から現状のサービスを分析

価格面から分析

秒単価がバブル状態に高騰してしまってはリワードを頼みにくくなるため、タイムバンクの成功にはマイナスだと考えています。

現時点での専門家を洗い出しましたが、専門家の秒単価から見えてきたものがあります。

秒単価は当然1秒当たりの値段ですが、分かりやすく時給に変換してみたいと思います。

例えば、専門家の中で一番安かった秒単価は5.0/秒でした。(11/21のチェック時)
時給に換算すると18,000円/時間です。

また、全員を平均するとだいたい60.0/秒となりました。
時給に換算すると216,000円/時間です。

専門家の中で一番高かった秒単価は468.0/秒でした。(11/21のチェック時)
時給に換算すると1,684,800円/時間です。

この価格が高いか安いかを判断するといかがでしょうか?

個人が自分のお金を出すと考えれば、相当高く感じると思います。

しかし、中にはリワードとして講演等に対応していない方も居ますが、一般的な比較として企業等が専門家に講演を頼むことを想定して換算してみるのが分かりやすいかなと思います。

タイムバンクのリワードの場合は講演以外の相談などがメインのため一概に比較はできないですが、拘束時間という意味では参考になると思います。

DMMの講師依頼(https://kouenirai.dmm.com)でざっくりと講演費用を調べてみました。

講演時間を90分として計算した場合

堀江 貴文氏の場合、DMMでは100万円以上 タイムバンクでは、1,684,800円

坪田 信貴氏の場合、DMMでは100万円以上 タイムバンクでは、89,100円

坪田氏のリワードは対面無しなので単純に比較できないですがお買い得な気がします。

また、DMMでは名前を聞いたことある人などは60万円以上の方が多いです。

以下は格闘家つながりの比較です。

山本”KID”徳郁氏の場合、DMMでは講演費用 60万円以上~100万円以下

青木 真也氏の場合、タイムバンクで90分のレッスン 134,460円

釣り合っているかどうかはさておき、元オリンピック選手で比較した場合

鈴木 明子氏の場合、DMMでは講演で100万円以上

為末 大氏の場合、タイムバンクでは90分の講演で464,400円

 

上記の比較をみる限り、タイムバンクは割高という感じはしません。

むしろ、人によっては安い場合も多いかと思います。

 

また、秒単価を分析すると、経営者カテゴリの方が平均すると高いです。

これは、経営者はタイムバンクの専門家をしていなくても稼ぐ能力が高く、当然ながらそれに比例し価値が上がっていると思われます。

出来高から分析

出来高を確認すると、やはりまだまだ小さいようです。

専門家によっては16時になっても出来高なしの方も結構います。

タイムバンクが伸びるキーポイントは投資目的だけではなく実際のリワードがたくさん使われてこそだと思います。

10月のリワード利用申請のランキングが以下の通り発表されています。
1位 見城 徹   氏
2位 本谷 亜紀  氏
3位 千葉 功太郎 氏

上記のランキングでは実際に使用された時間は解りませんが、経営者が人気のようです。

リワードをもっと伸ばすためには、ユーザー数を増やすしかありません。

早くiPhoneだけでなくAndroidや、通常のWebからもタイムバンクを利用できるようにすべきだと思います。

専門家のラインアップを分析

現時点でも有名な方と、これから有名になりたい方などがバランスよくラインアップされていると思います。

30台後半サラリーマンの私の基準で、60人中知っていたのは15人でした。

有名な人が25%ぐらいというのは中々バランスがいいと思います。

正直なところ秒単価20.0以下の人はほとんど知りませんでしたが、職業やリワードは面白いものも結構あると思います。

今後も目玉になるような人と、これからの人をバランスよく増やしてほしいです。

まとめ

今回、タイムバンクがリリースされ約3ヵ月経過しましたので、サービスの状況を調べてみました。

内容としては現段階では結構良いと思います。

今後は出来高を増やすこととリワード申請が活発に行われるように、ユーザーの範囲を広げていく必要があるかと思います。

TimebankでCMを作成するために「もし10分時間をもらえるなら誰?」というアンケートを取っていたため今後CMが流れるでしょう。

CMが流れれば大幅にユーザーが増える可能性があります。

専門家のラインアップや分析などは今後も更新していきたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資情報
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント