NISA投資枠の有効活用

今日はBK.M流のNISA投資枠の有効活用について、考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

最適なNISA投資枠の活用について

NISAの制度についての細かい説明は色々な所で解説されているため、ここでは割愛します。

BK.M流の投資において最適な活用方を検討します。

そのためには、NISAのメリットとデメリットを確認したいと思います。

NISA のメリット

  • 投資で得た利益が非課税である

これはかなり大きいメリットです。

通常、投資で得た利益に対してかかる20.315%の税金が非課税になります。

特に説明が必要のないメリットだと思います。

NISAのデメリット

NISAは残念ながらメリットだけではありません。

以下のようなデメリットがあります。

  • 年間で投資枠の限度がある
  • 他の口座との損益通算できない
  • 信用取引の代用有価証券にできない

上記のデメリットは今後改正されるかもしれませんが、現時点ではデメリットというか、制限が多く利用するのが難しいです。

まず、年間の投資枠が120万円が中途半端です。
普段の取り引きで1銘柄に投資する金額としては少ないです。

また、NISA枠で投資した銘柄で損失が出た場合、他の口座の取引で得た利益と相殺できません。
これは損切りを遅らせる原因にもなり、短期取り引きでは心理的にあまり良くありません。

信用取引の代用有価証券にできない事も、資金効率からすると利用をためらいます。
長期前提で値動きの悪い銘柄に投資した場合でも、現物取引なら信用取引の担保にできるため、資金効率よく値上がりを待つ事ができます。

NISA投資枠の有効活用のまとめ

メリットとデメリットに記載した通りNISAは利益を出すことを前提にした制度のように思われます。
そのため、損切り必須のBK.M流の投資にはマッチしません。

しかしながら、かなりの確率で短期に利益を得ることができて、投資資金も多く必要がないパターンがありました!

それは、IPOに当選した場合です。

IPOはよほど不人気で怪しい銘柄を掴まない限り、公開価格よりは上昇します。

BK.M流では、NISA投資枠はIPOの当選時に使用するべきという結論に至っています。

そういう意味では、NISA投資枠はその年にIPO当選しなければ使いません。

今年は運良くピーバンドットコム(3559)に当選したためNISA枠で申し込みしました。
NISA枠を使い切るぐらいIPOに当選したいものです。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加