カジノで確実に儲ける方法はあるのか?

近々、仕事でシンガポールに出張することになりました。

シンガポールといえば、マリーナベイサンズ、マリーナベイサンズといえば、カジノということでカジノで儲ける方法をあるのかを検討したいと思います。

日本でもカジノ法案を国会に提出したというニュースがあるため興味深い内容です。

スポンサーリンク
レクタングル大

カジノで確実に儲ける方法があるかを検討

私の見解として、確実(100%)の必勝法ではありませんが、カジノで高確率で儲ける方法はありそうな気がしています。

カジノで高確率で儲けられる可能性がある理由

カジノで高確率で儲けられる可能性がある理由は、ギャンブルの中でも還元率が高いからです。

還元率とは簡単に言うと、投資した金額に対するリターンの割合です。

以前、記事にした村上氏の期待値とほぼ同様だと思ってもらうと分かりやすいと思います。

伝説の投資ファンドである村上世彰氏が率いた村上ファンドの投資術を紹介したいと思います。 そして、その投資術から学ぶポイントを説明します。 投資をしている方には、考え方などを参考にして頂ければと思います。

1000円投資して、0円(0倍)になる確率が50%で2000円(2倍)になる確率が50%なら以下の計算式により期待値は1です。

0*50%+2*50%=1

パーセントで表すと100%ということになります。

つまり、いかさま無しでコインの裏表で賭けをした場合の還元率は100%です。

一般的にギャンブルで儲けることができない理由にこの還元率が低いというものがあります。

それは、胴元がテラ銭を取っているからです。

競馬であれば、JRAが20%~30%のテラ銭を取っているため、1/2の賭けをしても還元率は100%になりません。

競馬の還元率は75%と言われています。

つまり、1000円を賭け続けて総額100万円を賭けても、75%の75万円のリターンしか期待できないということです。

競馬は完全な運だけのギャンブルではないので、当然ながらリターンには個人差がありますが、継続的に儲けようと思うとテラ銭を取られている参加者は圧倒的に不利です。

宝くじに関しては、還元率は50%以下です。

つまり、理論上は買った時点で損することがほぼ確定しています。

夢を買うという意味と収益金の社会貢献という意味で宝くじを否定はしませんが、私は買ったことがないです。

そこで、カジノの話に戻ると、この還元率が高いのが特徴です。

過去にシンガポールのカジノに行ったことがありますが、カジノでは入場料もかかりませんし、テラ銭も取られません。

カジノでやるゲームにもよりますが、例えばルーレットの場合は還元率が95%以上です。

ルーレットの赤黒を選ぶルールで100万円分賭け続けたら、95万円戻ってくる可能性があり、胴元とほぼ五分五分の勝負ができます。

つまり、何らかの方法により的中率を少しでも上げ、冷静に勝ち逃げすることができれば、高確率で儲けられる可能性があると考えています。

カジノで儲ける具体的な方法

今回はルーレットで考えたいと思います。

なぜルーレットにしたかというと、ポーカーやバカラなどのトランプを利用するゲームはテクニックにより勝率が左右される可能性が高いです。

また、スロットは還元率と公平性が分かりにくいため避けました。

ルーレットであれば、どの数字にボールが入るかを選ぶだけで単純明快です。

そして、私がチャレンジしようと考えているのは、単純な赤黒の選択ではなく、ルーレットを以下の4つの区画に区切って、どれか1つの区画に賭ける方法です。

シンガポールで採用されているヨーロピアンスタイルのルーレットは0から36の37区分されています。

区画1 32,15,19,4,21,2,25,17,34
区画2 6,27,13,36,11,30,8,23,10
区画3 5,24,16,33,1,20,14,31,9
区画4 22,18,29,7,28,12,35,3,26,0

理由は、赤黒の2倍の賭けでは、赤黒は交互に配置されており、完全な運任せになってしまうため、的中率を50%以上にするのは難しいと判断しました。

ルーレットで4つの区画で分ける方法では、1区画1シンガポールドルとするなら、1ゲームあたり9 or 10シンガポールドルが必要になります。

そして、的中した場合は配当は36倍となるため、36シンガポールドル返ってきます。

その場合の利益は、26 or 27シンガポールドルとなります。

4回に1回的中させれば還元率がほぼ100%で、4回中2回以上当てれば利益が出ます。

そして、この方法を選んだ最大の理由は、10ゲームぐらい入った数字をチェックすればディーラーの癖を見抜いて的中率を上げることができるんじゃないかと考えています。

具体的には、続けて同じ区画に入る確率が低いとか、対角線上の区画には入る確率が低いなどということが分かれば、的中率を25%から33%に上げることができます。

的中率が33%ならば、4回中2回以上当たる確率は50%を超えることになり高確率で儲けられるはずです。

この方法を時間と元金が許す限り続けてどうなるかを試してみたいと思います。

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回の記事の高確率でルーレット儲ける方法は、あくまでも机上の空論でディーラーの癖を見抜くことが重要になりそうです(笑)

実際にシンガポールのカジノで実践した場合は結果を共有したいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加