機関投資家が利用するダークプールでの取引が個人に解放されるメリット

SBI証券からSBBO-Xというダークプールの取引を個人が行えるサービスが開始されるというニュースがありました。

今までは主に機関投資家などの大口投資家のみが利用していたダークプールの取引を個人に解放されるメリットを考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

機関投資家が利用するダークプールでの取引が個人に解放されるメリット

ダークプールのメリットを紹介する前に、ダークプールとは何かを簡単に説明したいと思います。

ダークプールとは

ダークプールとは東京証券取引所などの取引所を介さずに行う取引の一種で、証券会社のシステムで投資家の売買注文を付け合せて取引を行う方法のことです。

現在は主に機関投資家やヘッジファンドなどの大口投資家向けに展開されている立会外取引です。

ダークプールでは取引参加者同士が価格や数量などの直接交渉をしたり、他の市場の価格を参考にして価格を決める仕組みになっています。

取引の際に、匿名性や秘匿性が確保されるため一般向けに公開された取引所の価格に影響を与えないという利点があります。

例えば一般の市場で機関投資家が大量の売り注文や買い注文を出すと、大きく値が動いて不利な価格で約定したり、約定しなかったりと相場が壊れる可能性がありますが、

ダークプールでの取引の場合は一般市場に注文が公開されないので、影響を与えずに大口投資家同士でお互いに有利な取引が可能になります。

個人投資家にほぼ無縁だった、このダークプールが個人にも開放されます。

ダークプールのメリット

機関投資家などに比べて、一般的に大量の注文を一度に出すことが少ない個人投資家にダークプールが解放されるメリットを考えたいと思います。

証券会社が提供するサービスから考えられるメリットは以下の通りです。

  • 市場価格(取引所)より有利な価格で約定する可能性がある
  • 取引の手数料が安くなる可能性がある(証券会社による)

市場価格(取引所)より有利な価格で約定する可能性がある

取引所での呼び値が1円単位の株でも、ダークプールでは0.1円単位で取引されているので、約定単価が下がる可能性があります。

また、個人投資家が注文を出した時に、ダークプール内の価格と取引所の価格を比較して、より有利な方へ注文が出される仕組みのため、当然ながらダークプール内の価格が市場よりもの有利な価格であれば、その価格で注文が執行されますので、ダークプールを利用していない場合よりも有利な価格で約定する可能性があります。

ただ、現時点ではダークプール内の価格と株式市場の価格で、どれくらいの乖離があるのかが不明なため、大きな効果が出るかどうかは分かりません。

なお、ダークプールで約定後に取引所の価格がもっと有利な価格になっているという可能性はゼロではありませんので注意が必要です。

取引の手数料が安くなる可能性がある(証券会社による)

SBI証券が提供するSBBO-Xでは、取引量に応じてランク付けされ、取引の手数料が優遇されるようです。

なお、プラチナという最高ランクの場合は手数料が無料になるようです。

これは取引所に払う手数料よりダークプールでの取引手数料が安いため実現しているのかもしれません。

ただし、松井証券のベストマッチでは取引の手数料は通常と変わらず、取引所よりも有利な価格で約定した場合に成功報酬を取られてしまうので、むしろ手数料は高く感じるかもしれません。

そういう意味では、手数料については証券会社によってメリットとなるかどうかが分かれます。

なお、ダークプールで取引可能な注文は現物取引のみです。

そのため、信用取引メインの方には関係ありませんし、上記のメリットを見てもダークプール利用者とそうでない人で、それほど大きな不公平感が出るほどのメリットは無いような気がします。

ただ、ダークプールでの約定価格が取引所の価格とどれくらい乖離しているのかは興味があります。

ダークプールを利用可能な証券会社

ダークプールのサービスを開始する予定の証券会社は現時点では以下の通りです。(2018年8月更新)

SBI証券:SBBO-X(エスビービーオークロス)

サービス名称:SBBO-X(エスビービーオークロス)

サービス開始日:2018年4月2日(月)

利用条件:・月末時点で預り資産残高1千万円以上

     以下の利用条件が追加されており、緩和されました。

     ・月末時点の預り資産500万円以上で月末を含む月内に現物株式の取引が1回以上

特徴:月間売買代金等の取引実績に応じて、毎月ランク変動があり、手数料が優遇される

松井証券:価格改善サービス(ベストマッチ)

サービス名称:価格改善サービス(ベストマッチ)

サービス開始日:2018年5月(予定) 開始済み

利用条件:信用取引口座開設者

特徴:東証よりも有利な価格で約定した場合に、30%の改善成功報酬が必要になる

カブドットコム証券

サービス名称:SORサービス

サービス開始日:2018年8月27日 (予定)

利用条件:特別な利用条件は無さそう?

特徴:SOR常時最良気配判定機能があり、常に最良の気配を判定する

   他社の場合は、発注時に最良の気配を判定する場合が多い

上記の証券会社が既存の証券会社の中でダークプールを利用可能になるようです。

サービスを単純に比較すると、預かり資産残高が1千万円以上ある場合は、手数料の面からもSBI証券の方が良さそうです。

(2018年8月17日追記)

現時点ではSBI証券の利用条件が緩和されていたが、改善成功報酬も取らず、常時最良気配を判定する機能がある株ドットコム証券のSORサービスが一番良さそうです。

なお、ダークプールの利用という意味ではスマートプラスという新しいサービスがあります。

スマートプラスについては、別途調査して記事にしたいと思います。

(2018年3月29日追記)

スマートプラスについては、以下をご覧ください。

SMART+(スマートプラス)が日本発の無料株取引アプリSTREAM(ストリーム)というものを発表しており、どのようにして株取引の手数料をゼロにしているのかなど、特徴を調査しましたので共有したいと思います。 その中で、個人的にいくつか課題を感じましたので、合わせて共有します。

まとめ

今回はダークプールを個人投資家が利用するメリットと利用可能は証券会社を紹介しました。

私がメインで使用しているSBI証券でSBBO-Xというダークプールの取引が利用可能になるということですので、ぜひとも申し込みをしたいと思います。

SBI証券の場合は、預かり資産残高が1千万円以上という条件があるため、誰でも利用可能という訳にはいきませんが、新しい取り組みは大歓迎です。

とりあえず、昨年預かり資産残高が1千万円を超えて本当に良かったです!

今後、ダークプールを利用した感想等が出てきた場合は情報をアップデートします。

(3月29日追記)

本日3月29日にSBI証券からSBBO-Xサービスの利用申し込みの案内がサイト上の重要なお知らせで表示されましたので、早速申し込みをしました!

(8月17日追記)

現時点ではまだダークプールの恩恵を受けていません。

私は信用取引が多いからかもしれません。

ただ、個人投資家の売買数量程度なら、それほど気にする必要もないのかもしれません。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加