投資記録-共和コーポレーション(6570)へ新規投資

本日、3月20日に共和コーポレーション(6570)へ新規投資しましたので、記録に残したいと思います。

スポンサーリンク

投資記録-共和コーポレーション(6570)へ新規投資

共和コーポレーション(6570)の基本情報

取引日2018年3月20日
銘柄共和コーポレーション
銘柄コード6570
投資戦略IPOセカンダリー投資
IPO分類大人気銘柄

共和コーポレーションの事業内容は、ゲームセンターやバッティングセンター、ボウリング場などのアミューズメント施設の運営と全国のアミューズメント施設運営業者や卸売業者へのアミューズメント機器や景品等の販売を行っています。

共和コーポレーション(6570)への投資理由

共和コーポレーションへの投資理由は以下の通りです。

  • 同業他社に比べて割安である
  • 一応、成長は感じられる
  • 配当利回りと株主優待に期待

同業他社に比べて割安である

アミューズメント業界のPERを調べると、割とPERが高く、超有名なラウンドワンは3月20日時点ではPERが28.65倍で、SDエンターテイメントにいたっては、RIZAPグループのためかPERが423.64倍、イオンファンタジーは43.19倍、KeyHolderでも17.33倍あります。

本日時点の共和コーポレーションのPERは会社発表の予想EPS135.03で計算すると2000円以下は14.81倍以下となり同業他社よりも割安です。

業績不安のKeyHolderを除いて、ラウンドワンを基準にして考えると相当割安だと思います。

一応、成長は感じられる

アミューズメント業界自体はこれからどんどん伸びるという業界ではないと思いますが、この会社は一応、増収増益を続けています。

そして、M&Aなどを行い新規出店を進めていく方針を打ち出すなど、一応、成長する可能性は感じられるかなと思います。

ビックマウスだけでなければいいですが、日本経済新聞の記事では、ここの社長はできるだけ早い段階で100店舗に倍増させたいと言っています。

また、機器販売の営業権を持ち他社へゲーム機などの販売をすることで、人気の機器などを把握でき、新規出店の際にも有利に働くかなと思います。

配当利回りと株主優待に期待

この会社は配当性向30%をメドに還元すると言っており、現在の2000円前後の株価の場合、配当利回りは1.6%以上あり、これからの成長を考えると結構いい配当かなと思います。

また、アミューズメント系の会社はだいたいが株主優待を提供しているため、この会社も株主優待の提供を始めることに期待しています。

 

上記の通り、仮想通貨やAIなどのように、アミューズメントは業界としての成長は見込めませんが、安定した需要がある業界ではあります。

そんな中で共和コーポレーションはまだ成長を期待でき、現時点で割安のため投資しました。

ちなみに、4は若干微妙ですが、以下の条件を満たすため、息子のジュニアNISAでも1株購入しました。

ジュニアNISAで買うべき銘柄の条件を検討した結果
子供のために開設したジュニアNISA口座でIPOを申し込むことができないことが発覚しました。 そのため、ジュニアNISAでどのような銘柄を買うべきかという条件を検討しましたので、紹介したいと思います。

もし、社長の言う通り店舗数が倍の100店舗になり、適正なPERになれば、今の株価の4倍は無謀な値ではありません。

とはいえ、4倍になるまで保有するかは分かりませんが。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資記録
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント