久しぶりのIPO当選!エヌリンクス(6578)を分析

めちゃくちゃ久しぶりにIPOに当選したため、その銘柄を分析したいと思います。

当選した銘柄はエヌリンクス(6578)です。

スポンサーリンク
レクタングル大

久しぶりのIPO当選!エヌリンクス(6578)を分析

エヌリンクスの主幹事のSBI証券で、IPOチャレンジポイントを使用せずに4500株申し込みして、100株当選しました。

エヌリンクスの基本情報

上場関連情報

上場日 2018年4月27日
公募株式数 408,000株
オーバーアロットメント 61,200株
売出価格 1,810円
VC保有 0株
筆頭株主 代表取締役社長(オーナー企業)

事業内容

目論見書とホームページをチェックしたところ、エヌリンクスの事業内容は以下の3つのようです。

  • NHKからの契約・収納代行を主とする営業代行事業
  • チャットシステムを利用した部屋探しのサイト「イエプラ」の運営
  • ゲーム攻略サイトの「アルテマ」の運営

ただ、エヌリンクスは売り上げの8割程度はNHKの営業代行事業となっており、「イエプラ」と「アルテマ」はこれからの事業という感じでしょうか。

エヌリンクスの分析

エヌリンクスを分析した結果は以下の通りです。

成長性

エヌリンクス自体は年々右肩上がりで売り上げ、利益ともに伸びており、短期間で急成長しているイメージです。

その要因としてはNHKの営業代行がメインで、人を増やしてどんどん契約を取っていっているということでしょうか。

将来の成長に関しては、このNHKの営業代行だけでは頭打ちになりそうな気がしますが、他のメディア事業をどこまで成長させられるかにかかっている気がします。

そのあたりは、エヌリンクスはベストベンチャー100にも選ばれており、社長はやり手かもしれません。

需給等

売出価格では、成長性を考えると割高感はありません。

また、VCの保有はなく、ほとんどの主要株主には90日のロックアップがかかっているため、売り圧力は高くないと思います。

公募株式数とオーバーアロットメントによる売出分を足しても50万株以下のため、需給はかなりいいと思います。

マイナスポイント

事業内容がNHKの代行業務ということで、世の中的にはトラブルになったりすることもあるようで、業績は安定しているが事業内容はあまり好かれていない気がします。

また、ゴールデンウィーク前ということで、売り圧力が強い可能性はあります。

ただ、総合的にみて業務内容が嫌われて安く寄り付くようなら美味しい銘柄かもしれません。

ハナツアージャパンも業績はいいのに上場時は不人気で美味しい思いをさせてもらいました。

まとめ

分析した結果をまとめると、公募割れはほぼ無さそうなのでNISA枠で申し込みをしたいと思います。

今日はBK.M流のNISA投資枠の有効活用について、考えたいと思います。 最適なNISA投資枠の活用について NISAの制度につ...

また、予想以上に安く寄り付くようなセカンダリーでも参戦するかもしれませんし、当日の気配で戦略を決めたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加