【2018年のテーマ株】テーマ投資における最良のテーマとは

株式投資にはテーマ投資というものがあります。

テーマ投資ではどのようなテーマの銘柄に投資するかが重要になってきますが、2018年現在での最良のテーマについて考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

【テーマ株】テーマ投資における最良のテーマについて考える

個人的に最良だと思うテーマを発表する前に、そもそもテーマ投資とは何かと、テーマ投資のメリットとデメリットについても説明したいと思います。

テーマ投資とは

テーマ投資とは簡単に言うと、世の中の流れを変えるような発明やこれから需要が伸びると予想される事や物などの旬のテーマに関連する企業に投資し、値上がりを狙う投資法です。

例えば、2018年現在の主要なテーマといえばAI関連ではないでしょうか?

AIが世の中を変えると言われており、AI関連の銘柄はそれだけで値上がりすることが多いです。

他には、仮想通貨や自動運転、フィンテック、電気自動車などたくさんのテーマがあります。

そのため、どんなテーマの銘柄に投資するかは重要になってきます。

テーマ投資のメリットとデメリット

テーマ投資のメリット

テーマ投資の主なメリットは以下の通りです。

  • 短期で儲けられる可能性がある
  • 将来的に大儲けできる可能性がある

短期で儲けられる可能性がある

このサイトでも何度も言ってきましたが、株価は注目されないと大きく上がりません。

いくら割安でも、人気が無く取り引きが活発に行われていなければ、投資家から注目されるまで待つ必要があります。

その点で、テーマ株は業績に関わらず人気のテーマに関連しているだけ注目を集めており値動きが活発なため、上手くすると短期で大きく儲けられる可能性があります。

将来的に大儲けできる可能性がある

テーマの中には将来的に世の中を変える可能性がある技術やサービスなどが選ばれています。

そのため、その選んだテーマと会社がヒットし成長すれば大儲けできます。

例えば、世の中に広まってまだ20年経っていませんが、インターネットは世の中を変えました。

このテーマの関連企業のヤフーに初値や安値の内に投資していれば、株式分割を経て数百万が数億円になった計算になります。(株価は100倍以上になっています。)

もし、10年後にAIが当たり前のように世界中で使われており、その主役のトップ企業に投資していた場合は億万長者になれる可能性が高いということです。

しかし、メリットとデメリットは表裏一体です。

テーマ投資のデメリット

  • 短期で大きな損失を出す可能性がある
  • 持ち続けると大きく財産を失う可能性がある

短期で大きな損失を出す可能性がある

注目を集めて大きく動きますが、テーマ株は既に割高な場合が多く、テーマの鮮度が落ちると短期的に大きく下がることがあります。

イナゴ投資の対象になっている場合は、なおさら急落する可能性を秘めています。

メリットで挙げた短期で儲けられる可能性があるということは、短期で大きく損をする可能性もあるということです。

持ち続けると大きく財産を失う可能性がある

長期投資として有望なテーマ株に投資したつもりでも、テーマ自体がダメだった場合やその会社がダメだった場合は、保有している間に財産を失う可能性があります。

将来のことは誰にも分かりません。

AIは使い物にならずたいした収益に結びつかないかもしれませんし、10年後に自動運転の車が走っているかどうかも分かりません。

また、投資した会社が途中で倒産する可能性もあります。

新規上場企業の中には、あまりテーマに関連がないのに無理やりテーマ株のように見せて株価を吊り上げている銘柄もあるので要注意です。

特にAIという言葉はどんなものにも応用可能なため、何かにつけてAIという言葉を使っている会社が多いのが気になります。

本当の意味でのAI関連はディープラーニングの開発ができる会社だけだと個人的には考えています。

上記の通り、テーマ投資のメリットとデメリットを考えると、テーマ次第ではどちらにも転ぶ可能性があり、結局は投資するテーマが選びが重要ということが分かります。

最良のテーマの条件とは

テーマ投資において、一攫千金より高確率で損をしないということを最良なテーマと定義すると、以下の条件に当てはまるものが最良なテーマだと考えています。

  • 国策のテーマ
  • 息の長いテーマ
  • 業績を伴ったテーマ

国策のテーマ

これはかなり重要な条件です。

国策に売り無しという格言がありますが、国策のテーマであることは将来に需要が大きくなる可能性が大幅に高まります。

なぜなら、国がそのテーマを実現するために税金を用いて主導してくれるので、成功する可能性が高いです。

逆に言えば、国策と相反するようなテーマは法律一つでひっくり返される可能性が高いため要注意です。

国によっては仮想通貨を規制の対象としているなどが一つの例です。

息の長いテーマ

テーマの中には、非常に旬が短いものがあります。

目先の期日が見えているようなテーマはその期日が過ぎてしまうと売られる可能性が高いです。

例えば、ポケモンGO関連などはそれほど長続きしませんでしたし、マイナンバー関連などもマイナンバーが導入された後は終了しました。

また、大型上場がある時に、その関連銘柄がもてはやされることがあります。

例えば、Lineが上場するという噂があった時は、Line関連銘柄といった感じでLineに関連しているだけで株価が上昇したりしていました。

今であれば、メルカリ関連なども同じだと思いますが、その銘柄が上場したらそのテーマはほぼ終わります。

そういう意味で、テーマとしてはすぐに終わるものよりも将来にわたり需要が期待できるようなテーマが望ましいと思います。

業績を伴ったテーマ

テーマ株は割高なものが多く、思惑だけで株価が上昇し、実際にはまだ業績には結びついていない銘柄も多いです。

例えば、AI関連やIPS細胞関連などの銘柄はほとんどが割高です。

テーマ投資はそのテーマが旬かどうかが重要な要素で、そのテーマの鮮度と期待感が割高な株価を支えています。

もし、新しい旬なテーマが出て、保有しているテーマ株が割高のまま過去のテーマになってしまうと株価が一気に暴落する可能性があります。

しかし、実際に売り上げなどの業績を伴っているテーマ株に投資していれば、そのテーマ自体が旬じゃなくなっても業績による支えがありますので儲けられる可能性があります。

2018年の最良なテーマ

2018年時点で個人的に最良だと思うテーマは、インバウンド関連です。

理由は最良のテーマの条件にすべて当てはまっているためです。

インバウンドは言わずとも知れた国策です。

2020年に4000万人を目標にかかげて日本政府が海外で、日本の魅力を伝える活動(海外プロモーション)を行ってくれています。

また、インバウンドは2020年の東京オリンピックまでではなく、むしろ東京オリンピックでインフラが整備され更に便利になり、訪日観光客がますます増加すると思います。

日本に住んでいると気がつかないかもしれませんが、日本は治安が良く、四季があり、歴史的な建物や世界遺産がたくさんあり、そして経済発展している魅力的な国です。

現在1位のフランスは8000万人以上の観光客が訪れていることを考えると、2017年の訪日外国人数が約2900万人の日本はまだまだ伸び代があります。

最後の業績を伴ったテーマという意味でも、現時点でも毎年訪日観光客が増加しており、インバウンド関連の企業の業績に反映されています。

観光地や東京を歩いていると本当にたくさんの訪日外国人が居るなぁと実感できます。

まとめ

いかがだったでしょうか?

個人的には安心して投資できて、成長を期待できる最良のテーマはインバウンド関連だと思います。

もちろん、インバウンド関連銘柄だけに投資する訳ではありませんが、新規上場企業でインバウンド関連だとそれだけで注目してしまいます。

ただ、インバウンド関連は一攫千金までの爆発力はありませんので、一攫千金を狙いたい人はAI関連などで勝負するのも一つの手ではありますが。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加







コメント

  1. 初心者です より:

    初めまして。
    名前はご容赦ください。
    このブログを見てすごいと思いました。
    私は株で損をしている初心者ですが、できたらBK.Mさまの投資を参考にしてマイナス領域からプラス領域に変えていきたいと思います。
    今後も注目していきますので、よろしくお願いいたします。

    もしよろしかったら一つだけ質問させていただきたいのですが、今までに貯金等から株投資に投入した全金額はいくらぐらいでしょうか?
    そして、その種銭を基にした純増額はおいくらぐらいでしょうか?

    何百万円も純増しているのではないかと思い、すごく興味があります。

    • BK.M より:

      コメントありがとうございます。
      経歴にも書かせていただいていますが、本当に投資で勝てるようになってきたのはここ3年ぐらいです。
      株を始めた頃は、調子に乗って資金を何度も飛ばしました。
      そのため、今まで貯金から株式投資に投入した金額はたぶん600万円ぐらいです。
      FXを含めると700万円ぐらいは種銭として投入したため、現時点での資産の純増は800万円ぐらいです。
      世の中には億超えトレーダーがたくさん居るため私はまだまだですが、投資の天才ではなくてもルールを守れば勝てるということを証明していきたいと思っています。

  2. 初心者です より:

    返信ありがとうございます。
    深夜の3時に返信されたのを見てびっくりしました。
    子供さんがいらっしゃるからでしょうか?お忙しいと思いますが、お体にはお気を付けください。
    謙遜されるかもしれませんが、純増800万円は十分すごいと思います。
    私も今後BK.Mさまの投資記録を参考に銘柄を選定し、プラス転換を狙っていきます。
    (みなさんには言えませんが、後追いでも真似したいです)

  3. BK.M より:

    コメントありがとうございます。
    3時に起きていたのは、たまたまです(笑)
    私の銘柄選定に関してミスすることも多いため、ご自身でしっかりと調査して納得の上で投資するようにお願いします。
    お互いに頑張りましょう!