サラリーマンは出世をすると幸せなのか?メリットを考えてみました。

今回は、投資とは一旦離れてサラリーマンの出世について考えたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

サラリーマンは出世をすると幸せなのか?

なぜ、こんなテーマをいきなり出したかというと、どうやら私は7月から課長になるようです。

しかし、現在は私の仕事は超ヘビーな状態で残業が続いています。

(悲しいことに草コインの情報収集や株式投資の情報収集および英語の勉強が停滞気味になっています。)

こんな、超ヘビーな状態で課長に昇進したとしても、いきなり今の業務をすべて手放せる訳もなく、更に部下の管理業務まで仕事がプラスされると思うとぞっとしています・・・。

はっきり言って、今のポジションから課長に上がっても、給料はほとんど増えません。

残業代がつかない分、むしろマイナスになるのではないかという懸念まであります。

そうなってくると、サラリーマンが管理職に昇進することは本当に幸せなことなのか疑問にさえ思えてきます。

課長に昇進するメリットを考えたいと思います。

課長に昇進するメリット

今の段階で考えられるメリットは以下の通りです。

  • 残業をしなくても、それなりに給料を貰える
  • それなりの権限が与えられる
  • 会社から評価されているというモチベーションを得られる

残業をしなくても、それなりに給料を貰える

このメリットは今の私には意味が無いかもしれません。

ただ、一般職で残業が禁止されると一気に給料が減りますし、仕事が落ち着けば、早く帰っても給料はそれなりに貰えるメリットがあります。

それなりの権限が与えられる

やはり、課長でも一般職とは比べられない程の権限が与えられます。

そのため、今までやり方を変えたいと思っていたことを自分の権限でコントロールできるようになります。

ただし、責任も課されますので、これをメリットと捉えるかどうは本人次第かもしれません。

会社から評価されているというモチベーションを得られる

サラリーマンは年齢を重ねるごとに、ポジションは狭まっていきます。

課長になれるのは全社員の数%ですし、部長、役員と出世していけるのは更に狭まります。

やはり、サラリーマンとして仕事をしている以上、人から評価されることはモチベーションに繋がります。

正直な話、仕事の忙しさと金銭面だけを見れば、今の私にとって出世するメリットはありません。

ただ、やはり人から評価されるのは正直嬉しいものです。

人は仕事に対するモチベーションは金銭よりも遣り甲斐だというデータもあるようですし、サラリーマンにとって、出世は幸せであるということにしたいと思います。

(そう思わないとやってられないぐらい、今は忙しいです・・・。)

今は仕事と投資と子育て、英語の勉強と超多忙ですが、いつかゆとりあるリタイアをしたいなと思います。

久しぶりの更新がほとんど愚痴のようなものになってしまいました。

投資は現在軟調なんですが、頑張っていきたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加