草コイン投資-セントラリティ(Centrality)を購入

6/8に草コインのセントラリティ(Centrality)を購入したので、記録に残したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

草コイン投資-セントラリティ(Centrality)を購入

セントラリティ(Centrality)の基本的な情報

セントラリティは2018年1月にICOにおいて、トークンを公開された草コインです。

私は当然その当時の事を知りませんが、数分でICOのトークンが売り切れるほどの話題となったコインのようです。

2018年6月時点の基本情報は以下の通りです。

仮想通貨名 Centrality
略称 CENNZ
ICO日程 2018年1月15日
プロジェクト拠点 ニュージーランド
公式URL https://www.centrality.ai/
上場されている取引所

(2018年6月9日時点)

・Cryptopia

・SingularX

セントラリティ(Centrality)を購入した理由

草コイン投資については、経験が浅く実績もないため、購入理由を書いてインターネットに公開できるほどの知識はまだありません・・・。

ただ、自分の記録として、その時なぜセントラリティを買おうと思ったのかを振り返ることに意味はあるかもしれませんので、書いておきたいと思います。

セントラリティをなぜ購入したかと言うと、草コイン投資で宝くじ感覚と言っておきながら、ぶっちゃけるとセントラリティは手堅い感じがしたからです。

色々なサイトや公式サイトなどもチェックし、詐欺コインの可能性は低そうな事と、ICOの時から話題になっただけあって、開発体制やコンセプトがしっかりしており、詳しいことはよく分からないが将来的に何か上がりそうな気がしました(笑)

ざっくりとは以下の理由になります。

  • 実際に企業と提携し、開発も進んでいるため詐欺コインの可能性が低そう
  • ニュージーランド政府からも支援を受けているため期待度が大きく政治的な問題で潰されることも無さそう
  • 技術的にも何か凄いらしい(笑)

3つ目の技術的も凄いというのは、IT業界に勤めてきながら仮想通貨のテクノロジーをあまり知らないため、とりあえずは何か凄いらしいという事にしておきます。

意味も分かっていないのに知ったかぶりで、技術的な特徴を書くのは嫌だったので・・・。

セントラリティ(Centrality)の購入方法

セントラリティは日本の仮想通貨の取引所には上場されていないため、私はCryptopiaで購入しました。

以下の通り、草コイン投資を行う準備は以下を参考にしてください。

草コイン投資を始めると宣言してから、2週間ぐらい経ってしまいましたが、やっと草コインへ投資するための準備が出来たので、その準備内容と草コインへの投資方法を共有したいと思います。

セントラリティを購入する流れはざっくりと以下の手順になります。

  1. 日本の仮想通貨の取引所でビットコインを購入
  2. Cryptopiaへビットコインを送金
  3. Cryptopiaでセントラリティを購入

上記の手順で特に難しいことは無かったですが、ビットコインを使ってセントラリティを購入する時に日本円で利益が出ている場合は税金がかかるので要注意です。

具体的にはビットコインを購入した時の日本円での価値とセントラリティを購入する時のビットコインの日本円での価値が上がっていた場合は差額分が雑所得として税金がかかります。

そのため、私はビットコインを購入してから速攻で海外の取引所に送金して、セントラリティを購入しました。

ビットコインの差額で利益を出すつもりはありませんでしたし、万が一利益が20万を超えると確定申告の必要が出てくるからです。

まとめ

購入したセントラリティは6万円弱分だったので、大した枚数ではありませんが、初めて草コインに投資しました。

基本的には株のように10%とか20%の変動ではいちいち反応せずに、長期で本当に価値がでるかを待ちたいと思います。

将来的にセントラリティが日本の取引所に上場されて、仮想通貨の税制が申告分離課税になっているといいなと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加