mineo(マイネオ)とNURO光で毎月の通信費を大幅に削減した金額を公開

私の家庭では、私と妻の携帯代と光回線で通信費が毎月約2万1000円かかっていました。

mineo(マイネオ)とNURO光を利用することでその通信費を半分以下にする事ができました。

実際のコスト削減効果を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

mineo(マイネオ)とNURO光で毎月の通信費を大幅に削減した金額を公開

通信費は毎月かかるものですが、今の時代は無くてはならないものです。

大手キャリア(ドコモ、au、Softbank)の携帯電話を使用している方は大幅に通信費を下げられる可能性があります。

ドコモを利用して、毎月かかっていた通信費

私の家庭では、妻も私もスマホの回線はNTTドコモで光回線はドコモ光を使用していました。

家族割や光回線とのセットでお得になるということで、パケットも夫婦で10GBをシェアするプランを利用し、すべてドコモの組み合わせで平均21,252円でした。

通話をする時はほぼLINEを使用し、それ以外は二人ともほとんど電話はかけないため、上記の値段に通話料はほぼ含まれていません。

内訳としては以下の通りです。

私の携帯代:約3,670円
妻の携帯代+10GBパケットシェア+ドコモ光:約17,500円

今回この通信費を見直そうと思ったきっかけは、家にいる時スマホはWifiに繋いでいますし、電話をかけることがほとんどありません。

そのため、格安スマホでも十分じゃないかと考えました。

また、光回線についても、正直な話ドコモ光の通信速度が速いとは感じていませんでした。

そこで、ドコモ光と私の携帯電話の2年縛りの契約が切れるタイミングで通信費の見直しを行いました。

mineo(マイネオ)とNURO光を選んだ理由

通信費の見直しとして、一番効果があるのが携帯電話の費用です。

一人当たり7,000円以上かかっている計算になり、本当にもったいないと思っていました。

そのため、まずは以下の条件に当てはまる格安スマホ会社を探すことにしました。

  • 現在利用している携帯電話の番号を引き継げること
  • SIMロックの解除などの面倒な手続きが不要なこと
  • 通信速度やサポートなどの評判が良いこと

上記の条件に当てはまっているのがmineo(マイネオ)でした。

mineo(マイネオ)のドコモプランを使用するとSIMロックをせずにそのままiPhone6sが使用可能で当然MNPで携帯番号も引き継げました。

また、mineo(マイネオ)はケイオプティコムが運営している安心感と格安SIMを比較した色々な雑誌などでも評価が安定して高かったです。

※私はmineo(マイネオ)とは何の利害関係もありません(笑)

また、携帯電話を格安スマホに変えたら、ドコモ光を使用するメリットもありませんので、光回線も変えることにしました。

探した条件は以下の通りです。

  • ドコモ光の値段(5200円)より安いこと
  • 通信速度が速いこと

光回線はそれほど選択肢はありませんでしたが、通信速度が上がって、月額費用がドコモ光より安いということでNURO光の一択でした。

現在はキャンペーンで工事費もかからないというのも決め手でした。

※NURO光についても、何の利害関係もありません。

mineo(マイネオ)とNURO光で削減できた金額

mineo(マイネオ)とNURO光にかかる費用は以下の通りになります。

プラン 費用
私の携帯代 ドコモプラン デュアルタイプ 容量6GB 2,230円 (家族割含む)
妻の携帯代 ドコモプラン デュアルタイプ 容量1GB 1,450円 (家族割含む)
光回線 NURO光 光G2V 4,743円
合計 8,423円

ちなみにNURO光のキャンペーン(1年間2.980円)があるため、実際には1年間は上記よりももっと安いです。

通信費の見直しの結果は以下のようになりました。

今までの通信費:21,252円/月

見直し後の通信費:8,423円/月

削減できた金額:12,829円/月

月に12,829円も通信費を削減することができました。

1年間に換算すると153,948円

10年間で換算すると1,539,480円

子供が成人する20年では、3,078,960円です!

300万円あれば、いい車が買えます(笑)

子供の教育にお金を回すこともできます!

また、この浮いたお金を投資に回せば、300万円よりもっと増える可能性もあります。

※何もしなければ通信費として消えていたお金だと思えば、思い切って投資に回すのもありだと思います。

ただ、格安スマホにした場合のデメリットはどうなのと気になると思いますので、リアルな感想を書きたいと思います。

mineo(マイネオ)を使用したリアルな感想

NTTドコモと比較して、私が考えるmineo(マイネオ)のデメリットは以下のようなものがあります。

・通信速度が遅くなる

通信速度に関しては、実体験として確かに多少は遅くなったと思います。

例えば、動画を観る時は途切れがちになりますし、昼時は余計に遅い気がします。

ただ、リアルな感想としては、金額を考えると想像していたよりは全然速いです。

私の場合は、スマホで動画を観ることはほとんどないため、正直気になりません。

Lineや株価のチェック、ネット検索では特に不満がないぐらいの速度です。

簡単に言うと、費用がドコモの半額以下でこの値段なら満足といったレベルの速度です。

なぜ、もっと早くmineoに変えなかったのかなっていう感じです。

ちなみにNURO光に関してはドコモ光より3倍ぐらい速くなりました。

(あくまでも、回線速度計測サイトの結果ですが)

まとめ

今回は毎月の通信を削減することができた金額を公開しました。

はっきり言って、mineo(マイネオ)への切り替えは難しいことはありません。

光回線の変更は工事の立ち合いなどが2回あるため若干面倒でしたが、ちょっと行動を起こすだけで、月々12,829円もランニングコストを削減することができました。

20年で考えると300万円以上もコストを削減できる計算です!

私は例えどれだけ稼いだとしても、無駄なものにお金を払うのは嫌だという性格です(笑)

そのため、今回の通信費の見直しは大成功で大満足です。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加