怪しい株を買ってダメージが拡大したエピソード

以前、ヤバい銘柄を買って資産を飛ばした話を書きましたが、その流れのままミスを続けた話があるので紹介したいと思います。

ヤバい銘柄を買って資産を飛ばした話
人の振り見て我が振り直せということで、皆様に同じミスをしないようにこれまでの失敗談を書き残したいと思います。 人の成功を真似するよりも、人の失敗を真似しない方が簡単だと思います(笑) 資産を増やすためには、ヤバい銘柄を買わな...

 

スポンサーリンク

怪しい株列伝-ペイントハウス

ドリテクの暴落で大打撃を受けた私は歯車が更に狂っていきました。

底値でドリテクを損切りした後、当時話題の村上ファンドが登場し、なんとドリテクに出資するということで、連続STOP高となっており更にショックが拡大していました。

 

もう、一発で損を取り戻そうと躍起になっていました。

 

ペイントハウスとの出会い

そんな時に出会った銘柄がペイントハウスでした(笑)

ペイントハウスは2005年当時、上場廃止になるか継続かで揺れている銘柄でした。

原因はペイントハウスが債務免除益を計上したことで、ジャスダックとの見解の違いから上場廃止か継続かで揺れていたと思います。

ただ、詳細は当時は全く解っていませんでしたし、今もよく解っていません(笑)

その事件の詳細を詳しく知りたい方はググってください。

 

当時、そんなことはどうでもよく、上場が継続したら2000円の株価が20000円は軽く超えるというYAHOO掲示板の全く根拠のない投稿などを鵜呑みにし、残った70万を全力買いしました。

その後のペイントハウスの値動きは?

私が2000円付近で70万円分全力買いしたペイントハウスは、なんと、ラッキーパンチでみるみる上昇していきました!

確か裁判の結果を受けて、上場維持に希望がみえたとの発表が会社から出たからだったと思います。

たった数日で、倍近くの3800円ぐらいまで上がったと思います。

普通なら喜んで売るところです!

ここで、何と、その時の私は掲示板の情報を信じてガッチリホールドを決め込みました!!

 

ガッチリホールドした結果どうなったか?

結局、ジャスダック側から否定される声明が出て、株価は逆戻りどころかマイナスになりました。

一時120万円以上まで回復した私の資産は、40万まで減り、精神的にも資産的にもダメージが拡大しました。

ここで目が覚め損切りしました。

ペイントハウスはその後どうなったかというと、2万円どころか上場廃止になりました。

その後、ティエムシーという社名に変えましたが、その2年後に破産しています。

(やっぱり社名を変える会社はヤバいです。)

 

基本的には上場廃止か上場維持かで揺れている銘柄は買ってはいけません。

監理ポストに入っている銘柄は問題外で、継続企業の前提に重要な疑義がある銘柄も手を出さない方がいいです。

ある日突然死の宣告がやってきます。

確かに上場維持が決定した時の上昇は凄いですが、投資をギャンブルにしてはいけないという教訓になりました。

 

それにしても、2005年~2006年頃の新興株は今よりも怪しい株がたくさんありました。

またの機会に怪しい銘柄のことを書きたいと思います。

スポンサーリンク
投資雑記
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ