【ログミー】株式投資の投資判断に有用なWEBサイトを紹介

今回は、株式投資の投資判断に有用なWEBサイトを紹介したいと思います。

そのサイトはログミーファイナンスというサイトです。

私がこのサイトをどのように活用しているか具体的な例を挙げて紹介したいと思います。

ちなみに、私はログミーファイナンスとは利害関係はありません。

スポンサーリンク
レクタングル大

【ログミー】株式投資の投資判断に有用なWEBサイトを紹介

ログミーファイナンスとは

ログミーファイナンスは決算説明会や株主総会などの内容をテキストに書き起こした情報が掲載されているサイトです。

URL: https://logmi.jp/finance

運営会社はログミー株式会社で、ログミーファイナンス以外にもログミーとログミーTechというWebサイトを運営しています。

ログミーファイナンスに関しては、掲載する企業から費用を受け取っているようで、現時点で投資家は無料で情報を閲覧できます。

それでは、決算説明会の内容を書き起こした情報がなぜ株式投資に有用かを具体例を挙げて説明したいと思います。

決算説明会の内容を書き起こした情報が有用な理由

決算説明会では決算説明会資料に載っていない有用な情報をたくさん得られるため、本来は説明会に参加した人と同じ情報を持って投資したいところです。

しかし、決算説明会は機関投資家向けにのみ実施されたり、個人投資家向けに実施された場合でも、平日に開催されることがほとんどのため、サラリーマンは参加するのがなかなか難しいと思います。

企業によっては、決算説明会の様子を動画で公開していたりしますが、少ないのが現状です。

そんな課題を解決するためにログミーファイナンスを利用できます。

すべての会社の情報が掲載されている訳ではありませんが、このサイトを利用することで決算説明会で社長などが話した内容が一語一句書き起こされた情報を閲覧することができます。

テキストログでの書き起こしのため、動画で観るより短時間で理解できるのと、実際に説明会で聞き逃した箇所も記録に残っているため、メモを取る手間がないのも大きなメリットです。

私が実際に保有している銘柄でログミーファイナンスを活用して、投資判断した事例を紹介したいと思います。

クックビズの場合

本日、8/17にクックビズ (6558)を打診買いしましたので、記録に残したいと思います。 クックビズ (6558)を新規で打診買...

上記にも記載していますが、クックビズの株価が低迷している主な原因は今期は来期に向けての投資のために減益になったからです。

そのため、私の中でのクックビズへの投資のポイントは、来期(平成31年11月期)は投資フェーズでは無いということです。

この疑問はログミーファイナンスに書き起こされていたクックビズの第2四半期決算説明会の記録でクリアになりました。

以下のURLの質問者2の質疑応答で私と同じ疑問を持った方とのやりとりの書き起こしが記載されていました。

質問者2 スライドの6ページの販管費の比率なんですが、2017年11月期の上期に比べて2018年11月期の上期が、93.2パーセントということで大幅に上昇しているようなんですけれども、恐らくスライドの10ページにある通り、人件費と広告宣伝費のベットが高いのかなと思いますのでそれぞれの内訳を教えてください。
また、今後採用に投資する中で、この費用が減っていく可能性があるかと思いますので、だいたい元の水準に戻る時期の目途みたいなものを教えていただければと思います。

藪ノ はい、ありがとうございます。販管費の内訳につきましては、有価証券報告書に記載をさせていただいております。そちらをご確認いただければと思いますが、実際に(元の水準に)いつ戻るかというところにつきましては、もちろん我々も未来予測をしているんですけれども、今期中につきましては計画通りの投資が進んでいると考えておりますので、このまま積極投資をしていきたいと考えております。
ただ、来期以降につきましては、まだ予想できていない状況でございますので、今期の残りを活動していくことによって、しっかりと予想を立てていきたいと考えておりますが、来期以降も同じように投資をしていくということは考えておりませんので、やはり増収増益をしっかりと予想を立てられるような準備を今期はしていきたいと考えております。

出展元: https://logmi.jp/301639#subhead16より引用

上記によると、来期は投資をしていくことを考えていないという社長の言葉があります。

あくまでも現時点での話なので、確定ではありませんが、社長は来期は増収増益予想の方針を持っているということは私が投資判断するうえで重要でした。

この内容は決算説明会資料には特に記載されていないので、本来であれば決算説明会に参加した人しか知らなかった情報です。

このようにログミーファイナンスで知れたことは非常に有用な情報だと思います。

ファイバーゲートの場合

本日、8月10日にファイバーゲートの一部(追加購入分)を決済しましたので記録に残したいと思います。 ファイバーゲート(9450)の...
ファイバーゲートに関して、本日8月28日に決算後の急落時に信用取引で購入した分を決済しましたので記録に残したいと思います。 ファイ...

私はファイバーゲートをそれなりの数量を現物で長期保有中ですが、決算説明会資料の中に中期想定として2021/6期には売上高70億円、経常利益13億円を目指すと記載されています。

これ自体は素晴らしい数字ですが、もっと成長できるのではないかという考えも多少ありました。

しかし、以下の決算説明会の書き起こしを読んで、現物で保有している分は自信を持って長期保有できるなと思えました。

3期先まででございますが、2021年6月期には(売上高で)70億円、経常利益で13億円を目指そうと(いうことです)。これは、今のビジネスモデルをずっと何も変えずにいった場合に、このような感じになります。
ですから、プラスオンで何かするのであれば、ここ(の数値)に乗っかってくると、僕らは思っています。まずはとにかく、シェアをとるのが非常に重要だなと思っていますので、このビジネスモデルをずっと続けていった場合に、このようになるという感じでございます。
ここで、たぶんおそらく、みなさまが疑問に思っていらっしゃるところがあると思いますので、若干補足的にご説明を申し上げます。「このくらいしか伸びないの?」という疑問が、たぶんおありになっているのではないかなと思うのですが。
我々としては、まだ上場したての会社でございまして、言ってみればビギナーでございます。初心者でございます。ですから、株主のみなさまの期待というか、「数字をばんばん膨らませてやるぞ」と(大きく目標を掲げて)言うのはいいのですが、絶対に数字を割ってはいけないと。
絶対に数字を割らないというところで、コンサバティブとは言わないのですが、この数字で発表させていただいています。

出展元: https://logmi.jp/306721より引用

上記の通り、必達するために保守的に見積もっていることが分かりました。

売上高70億円、経常利益13億円でも素晴らしいですが、更なる上積みも期待できます。

この情報も決算説明会資料を読むだけだった場合は、保守的に見積もったものなのか、チャレンジ的な計画なのか分かりませんでしたので非常に有用な情報でした。

まとめ

いかがだったでしょうか?

決算説明会のログの書き起こしは有用な情報の宝庫なので、気になる会社のログの書き起こしがないか、ログミーファイナンスで検索してみるのもいいかもしれません。

また、このような会社に費用を払って決算説明会の内容を公開しようとしている会社は、IRに前向きで良い会社だと思いますので、その部分でもプラスです。

最後にもう一度書いておきますが、私はログミー株式会社とは何の利害関係もありません(笑)

本当に良いサイトだと思ったので紹介させていただきました。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加