機関から空売りされている銘柄の監視と考察

最近は新規投資を行っていませんが、タイトルにもある通り、欲しいなと思い監視している銘柄が3つあります。

しかし、見事にその3銘柄とも機関投資家(投資銀行)から空売りされています。

それらが今後どんな値動きになるのかを考察したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

機関から空売りされている銘柄のチェックと考察

売り煽りや買い煽りと取られても困りますし、今後投資するとも限りませんので、現時点で具体的な銘柄名は書きませんが、3銘柄とも違ったタイプの銘柄で今後の値動きが非常に興味深いです。

以下の記事にも書きましたが、機関投資家から空売りされている銘柄は要注意しています。

個人では空売りできない銘柄でも、機関投資家は株を大株主などから調達してきて空売りができます。 特に私がよく売買するような新興市場の銘柄で機関投資家から空売りされた場合はどうするかというテーマで記事を書きたいと思います。

ただし、現在保有中ではなく、これから買いたい銘柄が空売りされているため、上記の記事の対応とは若干異なるかなと思っています。

というのは、機関の買い戻しに近いタイミングで買えれば底に近いタイミングで保有できる可能性があるからです。

機関投資家の空売りは直接大株主などから調達していることが多いため、制度信用売りのように期限が6ヶ月とは限りませんので、いつ買い戻されるかを考察する必要があります。

監視中の各銘柄の状況と考察

それぞれの銘柄の特徴を紹介したいと思います。どの銘柄も上場から1年以内です。

銘柄A:成長性も期待でき、現時点でもそこまで割高ではありません。

銘柄B:悪材料が出る可能性がありますが、株価は底値圏でPER的には割安な水準です。

銘柄C:個人的には将来性は1番あると思いますが、現時点でもPERは100倍を超えて割高と言える水準です。

銘柄Aに関して

成長性も期待できて、そこまで割高とは思えない銘柄のため、すぐにでも投資しようと調べていたところ、8月から機関投資家に空売りされていることが分かりました。

はっきり言って、この銘柄が空売りされる理由がよく分かりませんでした。

その分、非常に不気味で新規投資するのを躊躇してしまいました。

現時点での状況としては、機関投資家の売りポジションは若干踏みあげられています(笑)

空売りが開始されたあたりから10%ぐらいは株価が上がっています。

しかし、機関は買い戻す気配が無いため、この先どうなるのか、3銘柄の中で一番興味がありますが、逆に謎すぎて投資し難いです。

ここから大逆転で機関の思惑通り大きく下げるようなこと起こるのか、機関が踏みあげられて終わるのか監視していきます。

銘柄Bに関して

この銘柄に関しては、すでに割安圏だと思っていますが下方修正が出る可能性があります。

ただ、最高値から50%以上も下げており、既に下方修正も織り込まれている気がします。

しかし、機関投資家はこの水準で空売りをしました。

下方修正が出てから買い戻すつもりなのかどうかなど、機関が買い戻すタイミングに興味があります。

個人的には底値圏の気がしていますので、タイミングを見て投資したいとは思っていますが、下方修正が出た場合に想像を超える悪い数字の可能性もありますので、慎重に様子見をしています。

銘柄Cに関して

この銘柄は上場時から高騰し、その後すぐに色々な機関から空売りされています。

そして、現在は最高値から40%ぐらい下落していますが、まだ機関は売り増ししてきています。

この銘柄は現時点でもPERが余裕で100倍を超えおり割高と言われる水準ですが、この銘柄の成長性を考えると今の水準で投資しても数年経てば割高ではないと考えています。

正直な話、この銘柄は成長性が1番だと考えており、買いたくて仕方ないのですが、機関の空売りが続いているため我慢して様子見です。

ただ、この銘柄に関しては高値から空売りされているので、機関投資家は相当利益が出ているはずですので、そろそろ買い戻すのではないかと睨んでいます。

次の決算発表前までに打診投資しようかと考えています。

まとめ

今後も今回の記事で挙げた3銘柄を監視することで、機関投資家の空売りの特徴を研究できるかなと考えています。

もしも、銘柄Aがここから大幅下落したら、恐るべし機関の空売りです。

やはり相当な分析力があると脱帽します。

その他の銘柄もここから下がるかどうかを注目しています。

これらの銘柄に関して大きな動きがあったり、私自身が投資した場合はまた報告したいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加