直近IPOのアイリックコーポレーション(7325)へ新規投資

本日、直近IPOのアイリックコーポレーション(7325)へ新規投資しましたので記録に残したいと思います。

スポンサーリンク

直近IPOのアイリックコーポレーション(7325)へ新規投資

アイリックコーポレーション(7325)の基本情報

取引日2018年9月26日
銘柄アイリックコーポレーション
銘柄コード7325
投資戦略IPOセカンダリー投資
IPO分類そこそこ人気銘柄

アイリックコーポレーションの主な事業内容は以下の3事業となっています。

  • 保険販売事業
  • ソリューション事業
  • システム事業

保険販売事業

保険販売事業は保険クリニックという来店型の保険ショップを運営しています。

平成30年6月期では売り上げの約65%を占めている事業です。

特徴としては保険IQシステムという保険分析・検索システムを独自に開発して活用し複数の保険商品の中から最適な保険を探し提案できるというものです。

ソリューション事業

保険クリニックのフランチャイズ展開と保険分析・検索システムを金融機関や大企業の代理店に提供しています。

平成30年6月期では売り上げの約29%を占めている事業です。

システム開発

保険の販売支援を行うためのシステム開発などを行っています。

平成30年6月期では売り上げの約6%を占めている事業です。

アイリックコーポレーションへの投資理由

アイリックコーポレーションに投資した理由は以下の通りです。

  • IPO銘柄としては、成長を考慮すると割高ではない
  • システム開発事業に成長の余地がある

IPO銘柄としては、成長を考慮すると割高ではない

平成31年6月期のEPSから現在の株価でPERを単純計算すると約27倍前後です。

売り上げや利益も右肩上がりで成長しており、平成31年6月期に関しては営業利益が66.6%増という予想になっています。

保険の代理店事業では継続率が98.1%と非常に高いことからストック性があることと、保険市場自体の成長は期待できませんが、リモートコンサルなどの導入によりフランチャイズの拡大などからまだまだ成長の余地があると思います。

それらを考慮すると、現在のPERは割高ではないと考えています。

システム開発事業に成長の余地がある

正直な話、保険の代理店事業だけなら、保険事業の成長余地があるとはいえ、そこまで魅力を感じていなかったと思います。

この会社は主に保険に関するシステム事業も展開しており、現在は売り上げの6%程度ですが、この事業が一番成長の可能性があると考えています。

非定型帳票のデータ化ができるAI搭載のスマートOCRを開発しており、今後は保険業界以外にも展開する予定とのことです。

 

この会社は保険の代理店をしている会社として見たら、あまり魅力のない普通の会社と思われるかもしれませんが、Fintech関連のシステム開発も行っている会社という認識が、株式市場で広がれば株価も上昇してくれるのではないかと期待しています。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資記録
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント