エボラブルアジア (6191)に新規で打診投資

10月12日に新規でエボラブルアジア(6191)に新規投資しましたので、記録に残したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

エボラブルアジア (6191)に新規で打診投資

エボラブルアジア(6191)の基本情報

取引日 2018年10月12日
銘柄 エボラブルアジア
銘柄コード 6191
投資戦略 中長期投資

エボラブルアジアは上場して約2年半経ちますので、知っている人も多いかと思いますが、主に以下の事業を行っています。

  • ITオフシェア事業
  • オンライン旅行事業
  • 訪日旅行事業
  • 投資事業

ITオフシェア事業

ベトナムに現地法人子会社「EVOLABLE ASIA」を設立して、ラボ型開発を中心に多様な開発・BPOソリューションの提供を行っています。

オンライン旅行事業

オンラインに特化した旅行に関する事業を展開しており、国内航空券を取り扱うエアトリなどのBtoCサービスやOEMでの提供を行っています。

訪日旅行事業

訪日外国人向けサービス及び民泊運営企業向けサービスを展開しています。

具体的には民泊サイトの運営、旅行パッケージの販売(OEM含む)、キャンピングカーのレンタル、外貨両替のサービスを行っています。

投資事業

成長企業への投資を通じて投資先企業との協業であったり、ベンチャーキャピタルの事業を行っています。

実績としては、投資先の和心が上場しました。

エボラブルアジア(6191)への投資理由

エボラブルアジアは、実は数年前にIPOで当選した縁の深い会社です。

当時はある程度の利益で売却しましたが、その後の成長をたまにチェックしていて、いつかまた投資したいと思っていました。

今回、エボラブルアジアに打診投資した理由は以下の通りです。

  • 株価が買いたい水準になった
  • 成長性を期待できる
  • IR活動が活発である

株価が買いたい水準になった

成長性などを考慮すると、2,500円以下で投資したいと考えていました。

10月11日の急落で株価は2,500円を大幅に下回りました。

さすがに10月11日は様子見しましたが、市場の落ち着きを確認し投資することにしました。

ただし、今後の更なる下落の可能性も考慮した上で打診買いという形にしておきました。

成長性を期待できる

エボラブルアジアは私の好きなインバウンド関連の銘柄であり、積極的なM&Aを行うなどして、急成長しています。

上場時の成長可能性の資料で、上場時(2016年)に取扱高200億円だったオンライン旅行事業に関して、2020年頃に取扱高1000億円を目指し、2030年ごろには取扱高2兆円を目指すと書いてありました。

2018年現在で、Denaトラベルの買収により来期の取扱高は1400億円に超える見込みまできていて、上記の2020年で1000億円も前倒しでクリアしており、2030年の2兆円も夢ではない気がします。

また、今年8月に資金調達した50億円の使い道の1つである大型の戦略的M&Aにも期待しています。

そんなエボラブルアジアですが、現時点でも時価総額は500億円を下回っており、まだまだ成長余地は大きいと思います。

合わせて、この会社は株価上昇が期待できるオーナー企業であり、実際にM&Aや投資事業なども上手くハマっていることから、密かにテンバガーも期待してます。

IR活動が活発である

これまでのエボラブルアジアのIR活動を見ると、この会社は株価を上げようとしていることが伝わってきます。

プレスリリースをした案件の進捗状況を発表する会社はなかなかありません。

その他のIRニュースの数でも相当な数になります。

上場市場もマザーズから東証1部へ変更しており、配当や優待を出すなどの株主還元も行っています。

このようなIR活動が活発な会社は、投資家から一定の人気があるため出来高が安定しており、株価の上昇も期待できます。

ちなみに四半期決算の報告しかしないような会社は、いくら配当や業績が良くても株価が冴えないことが多く私は投資対象としては魅力を感じません。

しばらくチェックしていた銘柄のため、状況が変わらない限りしばらく保有したいと思っています。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加