【オーバーアロットメント】IPO直後に第三者割当増資を発表する理由と影響

IPO直後の銘柄で、第三者割当増資の結果というIR情報が発表されることがよくあると思います。

これにはオーバーアロットメントが関連していますが、この増資が何なのかが気になっている人も多いのではないでしょうか?

IPOセカンダリー投資を行っている人には、オーバーアロットメントについても知識として必要だと思いますので、オーバーアロットメントと増資の関係を解説したいと思います。

スポンサーリンク

【オーバーアロットメント】IPO直後に第三者割当増資を発表する理由と影響

オーバーアロットメントとは

オーバーアロットメントとはIPOの募集時に投資家からの需要が大きい場合に、主幹事の証券会社が大株主等から株を借り、その株を追加して投資家に販売する行為のことです。

上限は、売出予定数量の15%までと決められていて、オーバーアロットメントにより販売される株式は、IPOの募集・売出しと同じ条件で販売されます。

 

オーバーアロットメントの目的は、需給の不一致によるIPO直後の株価の急騰を防止するために実施されます。

簡単に説明すると、その銘柄を欲しい投資家と売り出し枚数がかけ離れていた場合に、売り出しが足らずに買いが殺到して争奪戦になり株価が急騰します。

しかし、大株主から株を借りて売り出し枚数を増やすことで、投資家に行き渡る枚数が増えますので、IPO直後の株争奪戦による急騰を軽減しようというものです。

IPO直後の株争奪戦の末の急騰の株価は実際の価値とかけ離れるため、その後の暴落のリスクがあるからだと思います。

ちなみに、ここまで説明した内容がオーバーアロットメントの堅苦しい説明で、要は以下の通りみんなが嬉しい制度だと覚えておけば十分だと思います。

投資家:IPOの売り出し枚数が増えるので当選確率が上がる

主幹事証券:100%儲かる

株主(上場する企業側):株価の下支えか第三者割当増資により追加の資金調達が行える

上記のように、みんなにメリットが大きいため、最近のIPOはほぼオーバーアロットメントが実施されると思っておいた方がいいです。

本来の趣旨の初値が抑えられるというデメリットははっきり言って小さいです。

売り出しが15%ぐらい増えても、株価抑制にたいして影響は無いと思います。

それよりも、VCのロックアップ解除などの方が影響が大きいと思います。

次に第三者割当増資とオーバーアロットメントとの関係を説明したいと思います。

IPO直後に第三者割当増資を発表する理由

オーバーアロットメントにより、大株主より株を借りた主幹事証券会社は、いつか大株主に株を返却しなければなりません。

大株主に返却するための株をノーリスクで調達する方法がグリーンシューオプションです。

借りた株を公開価格で投資家に販売していますので、本来の空売りであれば公開価格より暴騰した場合は買い戻す際に損失が発生してしまいます。

しかし、グリーンシューオプションでは主幹事証券会社が借り入れた株の返済目的で、大株主などからの引受価額と同一の条件で第三者割当により株式を取得でき、それを返却に利用すことができます。(つまり、主幹事証券会社は100%損することはありません。)

 

IPO直後に発表される第三者割当増資の正体は、主幹事証券会社が返済用の株を取得するためにグリーンシューオプションの権利を行使していたからです。

ちなみに株価が引受価額を下回っている場合は、主幹事証券会社はグリーンシューオプションを行使せずに、市場で株を買って大株主に返還しますので、第三者割当増資は行われません。

結局、IPO直後の第三者割当増資は悪材料なのか?

よくIPO直後の銘柄のYAHOOの株式掲示板などを見ると、その会社が発表した第三者割当増資の結果というIR情報に反応して、悪材料だとか騒ぐ人が必ずと言っていいほどいます。

ほとんどの人は分かっていて、初心者を不安にさせるための売り煽り材料に使っているだけだと思いますが、中には信じてしまう人もいるかと思います。

結論から言うと、この第三者割当増資は悪材料でも好材料でもありません。

上場前から既に織り込み済みの内容のため、全く気にする必要はないです。

増資 = 希薄化による悪材料

という一般的な公式は当てはまりません。

理由は以下の通りです、

  • 増資した分の株は証券会社に割り当てられるが、その株はオーバーアロットメントで借りていた大株主への返却にされるため、すぐに市場に出回ることはなく希薄化の心配がほぼない
  • この増資は上場前からほぼ分かっていたことで、新しいニュースでも何でもない

これからもIPOが続きますが、IPO直後の第三者割当増資後の売り煽りは、IPOの季節の風物詩みたいなものですから、スルーしましょう(笑)

まとめ

いかがだったでしょうか?

IPOセカンダリー投資をやっていると、必ず直面するIPO直後の第三者割当増資について説明しました。

結論だけを言えば、これは全く悪材料でも好材料でもないので気にする必要はありません。

単純にオーバーアロットメントを実施した際に借りた株を返すために、第三者割当増資が行われただけです。

一度、YAHOOのプロの予想家までが、グリーンシューオプションにより実施された第三者割当増資を上場直後に増資するなんて悪材料だという記事を書いていて、びっくりしたことがあります(笑)

とりあえず、IPO銘柄を保有中に第三者割当増資が発表されて不安な方の安心材料になればいいなと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
BK.M流投資論
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント