直近IPO銘柄の下落についての分析

仕事でザラ場を見れませんでしたが、今日は後場に入り、直近に上場した銘柄に調整が入り下落したようです。
この下落について分析したいと思います。

スポンサーリンク

下落した銘柄の分析

ピーパンドットコムは前日より高く寄り付いたが、14時以降に大きく下げ前日比-14.45%の大幅下落となっています。
また、レノバも同様の動きで前日より高く寄り付いたものの、その後ダラダラ下げて、14時以降に大幅下落(前日比 -9.31%)です。

ユナイテッド&コレクティブは一時5,790と前日比8%以上も株価が上昇していたが、やはりこの銘柄も14時以降に下落し前日比±0で引けています。

そのほか、2016年の後半に上場した銘柄も軒並み下がっています。

14時以降に何があったのか?

14時以降に大きく株価が下落するようなニュースは見当たらなかった。
現に日経平均は以下の通り、14時以降もそれほど大きく崩れておらずプラスで引けています。

 

しかし、マザーズ指数をチェックすると、前日比プラスから以下の通り後場から下落し、14時以降に下落速度を速めています。

 

つまりIPO銘柄を含め新興市場にのみ調整が入ったことになります。
これらの状況から考えられるのは、15日からのIPOラッシュに備えた利益確定売りかIPOバブルの崩壊の前触れだと思います。

IPOバブル状態に困惑中
昨日の分析でも投稿しましたが、今は完全にIPOバブル状態だと思います。 現在のIPOバブル状態に困惑し、新規投資できず IPOバブルの恩恵を受けて、ピーバンドットコムで想定以上の利益を上げられて嬉しかったです。 ...

 

IPOラッシュに備えた利益確定売りであればいいのですが、IPOバブル崩壊であれば要注意です。
今までのように何でもかんでもIPO銘柄で上がるという相場は終了します。

私はどちらかというとIPOバブルよりも、適度な寄り付きの方が勝負しやすいです。
しかしながら、完全に相場自体が冷え込んでしまうとIPO銘柄に資金が集まらず上昇が難しくなるためそれはそれで複雑です・・・。

 

明日以降、IPO銘柄へのエントリーは注意したいと思います。
単なる調整かバブル崩壊か見極めが必要です。

落ちるナイフはつかむべきではありません。

ちなみに私は日経平均についても3月は下げ予想です。
こちらもどうなるか見極めたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
市況・株式銘柄分析
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント