直近IPOの田中建設工業(1450)に再投資

本日、1/4に直近IPOの田中建設工業に再投資しましたので、記録に残したいと思います。

スポンサーリンク

直近IPOの田中建設工業(1450)に再投資

田中建設工業の基本的な情報については、以下をご覧ください。

投資記録-新規上場した田中建設工業(1450)へ打診投資
本日、12/18に直近IPOの田中建設工業(1450)へ新規投資しましたので記録に残したいと思います。 投資記録-新規上場した田中建設工業(1450)へ打診投資 田中建設工業(1450)の基本情報 取引日 2...

そして、以下の通りリスク回避のために一度決済していました。

直近IPOの田中建設工業(1450)をリスク回避の決済
本日、12/21に直近IPOの田中建設工業をリスク回避のために決済しましたので、記録に残したいと思います。 直近IPOの田中建設工業(1450)をリスク回避の決済 田中建設工業へは以下の通り、最近投資していました。 田...

田中建設工業に再投資した理由

田中建設工業に関しては、最初に投資した時に3つの理由を書きましたが、割安で成長性も期待できると考えていますので、直近IPOの中では1番手堅い銘柄だと思っています。

そして、年末に決済した理由に関しても、完全にリスク回避のためであり、満足のいく上昇をした訳でも、問題があった訳でもなく非常に不本意だったため、この銘柄が気になっていました。

まだ市場自体が安定していない中、本日再投資した理由は最初に投資した時に書いた3つの理由に加えて以下の2つの理由のためです。

  • 株価が最初の買値より下回っている
  • オーナー企業であることが分かったため

株価が最初の買値より下回っている

本日の株価が最初の買値(初値)の2,570円よりも下回っており、田中建設工業は基本的に円高の影響を受ける業務内容ではないため、本日の下げは過剰反応であり買うタイミングかなと考えました。

オーナー企業であることが分かったため

私は投資するなら基本的にはオーナー企業が良いと考えています。

最初に投資した時に気になっていたのは、圧倒的な枚数を保有した筆頭株主のスリーハンドレッドホールディングス株式会社が何者か分からない事でした。

ネットで検索してもコーポレートガバナンス報告書や目論見書でも、スリーハンドレッドホールディングス株式会社の代表者の氏名が分からず、VCやどこかの企業の子会社なら嫌だなと、モヤモヤしていました。

しかし、大量保有報告書によりスリーハンドレッドホールディングス株式会社の代表者が田中建設工業の創業者の田中 俊昭氏だと判明したため、オーナー企業であること分かり安心しました。

田中氏は現在は名誉相談役のようですが、安定株主として今後も成長に向けて尽力されるのではないでしょうか。

そういう意味で、ほとんどの株を保有している筆頭株主が安定株主であるため、市場に出回っている株が少ないのが欠点でもあり、利点でもあります。

しばらくはIPOがありませんので、注目されて買いが集まれば一気に吹き上がる可能性もあります。

田中建設工業は業種が地味なため、色々なアピールを含めてIRには頑張ってもらいたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資記録
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント