2月の厳選おすすめ株主優待-西松屋チェーン(7545)

個人的に厳選した2月のおすすめの株主優待を紹介したいと思います。

今回紹介するのは西松屋チェーン(7545)の株主優待です。

スポンサーリンク

2月の厳選おすすめ株主優待-西松屋チェーン(7545)

西松屋チェーンと言えば、子供服やベビー服、赤ちゃん用品、マタニティウェアなどの専門店である西松屋を運営する会社です。

そのため、株主優待の内容も西松屋に関連するものです。

西松屋チェーン(7545)の株主優待の内容

西松屋チェーンの株主優待の取得条件や内容は以下の通りです。

権利確定月2月20日、8月20日
権利付最終日(2019年2月)2019/02/15
URLhttps://www.24028.jp/ir/stock_holder
優待内容優待獲得株数備考
お買物カード1,000円相当100株以上※自社店舗で利用可
3,000円相当500株以上
5,000円相当1,000株以上
お買物カード500円相当100株以上(2月のみ)
※自社店舗で利用可
※17年2月以降起算して3年以上(20年2月以降毎年2月から遡って2月および8月の株主名簿に同一株主番号での記載が連続7回以上)、100株以上を継続保有した株主のみに追加贈呈
※2020年2月20日の株主より追加贈呈開始
1,000円相当500株以上
3,000円相当1,000株以上
4,000円相当3,000株以上
5,000円相当5,000株以上

※株主優待の内容に変更等が加えられる場合がありますので、最新の情報は西松屋チェーンのHPを確認してください。

上記の通り、西松屋チェーンの株主優待は西松屋で買い物に利用できるお買物カードです。

そのため、西松屋で買い物をする人にとっては、使い勝手の良い株主優待です。

西松屋チェーンの株主優待がおすすめの理由

西松屋チェーンの株主優待を使いやすいのは、小さい子供がいる家庭など、西松屋で買い物する機会がある方に限定されてしまいますが、タダ取りを実施した場合のかかる費用に対するリターン(ROI)が大きいため、個人的にはおすすめしています。

※株主優待を金券ショップなどで売却目的の場合は、ROIは下がります。

株主優待のタダ取りについては以下のページをご覧ください。

株主優待のタダ取り(クロス取引)は本当に得するかを分析
世間一般で株主優待のタダ取りというワードや、クロス取引でノーリスクで株主優待をお得にゲットしようというワードをたくさん見かけます。 はたして、この株主優待のタダ取りと言われる方法が本当に得するのかを実例を交えて分析したいと思います。

 

2019年2月時点の西松屋チェーンの株価は900円前後です。

この株価を基にカブドットコム証券で15日前から一般信用売りを利用し、タダ取りで1000株分の株主優待をゲットするためにかかる経費は約2,350円です。

その経費で5,000円相当の買物券が貰えるため、単純な利益は約2,650円となり投資利益率(ROI)は2650/2350から算出して、約113%になります。

株主優待においてはROIが100%以上の場合は優秀(お得)だと判断しています。

小さい子がいる家庭など西松屋を利用する場合は買物券をそのまま使用できるので、かなりの高ROIになります。

株を3年以上長期保有している場合は、2020年2月以降に追加でお買物券が貰えるため、更に高ROIになります。

私の家庭には小さい子がおり、西松屋を利用することもあるので、迷わず両建てでゲットする予定です!

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
株主優待
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント