投資記録-エクストリーム (6033)に打診投資

本日、2/18にエクストリームに打診投資を行いましたので、記録に残したいと思います。

スポンサーリンク

投資記録-エクストリーム (6033)に打診投資

エクストリーム(6033)の基本情報

取引日2019年2月18日
銘柄エクストリーム
銘柄コード6033
投資戦略通常バリュー投資

エクストリームの業務内容については、新規上場のIPOではないため詳細は割愛します。

エクストリームのビジネスの中にコンテンツプロパティ事業があり、エクストリームが保有するゲームであるラングリッサーのモバイル版が中国の企業により開発され、ヒットしています。

エクストリームにはロイヤリティという形で収益が入ってきますが、その金額が市場での期待を裏切った形となり、株価は大幅下落しているところです。

エクストリームに打診投資した理由

2/18もSTOP安で引け、2営業日連続のSTOP安となりましたが、そんなエクストリームに打診投資した理由は以下の通りです。

  • 来期の1株利益を考えると割安と判断
  • ロイヤリティ収入はおいしい

来期の1株利益を考えると割安と判断

市場の期待値が大きく利益面で大幅な上方修正を出したにも関わらず2営業日連続でSTOP安となりました。

エクストリームが上方修正で出した今期のEPSが97.44円です。

2/18の終値の2,280円で考えるとPERは約23.4倍です。

この時点でもそれほど割高とは思いませんが、上方修正を出したきっかけとなったラングリッサーのロイヤリティが6ヶ月分でこの値になります。

来期に関して、ラングリッサーを韓国や日本で配信を開始し、ロイヤリティも通期分で入ってくることを考えると今期のEPSより高くなると予想しました。

そのため、来期のEPSがどれくらい高くなるかですが、少なくとも今期よりも高い値となると予想する来期のEPSを考えると現在の株価は割安だと判断しました。

ロイヤリティ収入はおいしい

上方修正した内容を見ると、いかにロイヤリティ収入がおいしいか分かります。

ロイヤリティ収入は何もしなくても、ほぼすべてが利益になり、経常利益率が一気に改善したことが分かります。

今回、多くの投資家達が予想したロイヤリティ収入よりも少ない事で失望売りされたと思いますが、エクストリームはほぼノーリスクで手に入れた利益と考えれば悪くない数字だと思っています。

このロイヤリティ収入がしばらく続くと思うと非常においしいと思いますが、市場の反応は今のところ違うようです・・・。

 

連続STOP安中ということで、打診投資に留めましたが、株価を見ながら追加もしていきたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資記録
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント

  1. 初心者です より:

    エクストリームですが、複数の大手が空売りをしているようです。
    決算後の株価急落について、株を所有していた個人の売りより大手の空売りの方がより大きく影響を及ぼしているのか、MB.Kさんは、どのように見られていますか?

    • BK.M より:

      >初心者ですさん
      コメントありがとうございます。
      決算の後の株価急落の原因については、個人の売りなのか機関の売りなのかは私には分かりません。
      機関の売りが積み上がっていたのは決算前で、決算後の急落後に一部の機関は買戻しを始めているという事実だけをチェックしています。
      ただ、逆に一部の機関は急落後に売り増ししたりしているので、この後の値動きは私には分かりません。
      損切りラインを割ったら、機械的に損切りをするだけかなと思っています。