株式投資をギャンブルにするべからず

株式投資で資産を築くためには、株式投資をギャンブルにしないことが重要だと考えています。

今日は、株式投資をギャンブルにしてはいけないということをテーマに書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

株式投資をギャンブルにするべきではない

ギャンブルとは何か?

ギャンブルとは日本語で言えば、賭博や博打のことで偶然性を伴う勝負の結果に金品などを賭けるものだと解釈しています。

そして、勝負に負けたほうは賭けた金品を失い、勝った者がすべてを手に入れるというものです。

例えば、ルーレットやポーカーはディーラーのテクニックなどがあるのかもしれませんが、あくまでも運の要素が勝敗に大きく左右し、ディーラーか参加者のどちらかが負けて賭けた金品を失います。

しかし、株式投資は当然ながらギャンブルではありません。

株価の動きは個人レベルでは予測ができなくても、偶然動くものでは無く企業の成長性や配当などの指標、判断に基づき投資家達が売買した結果の動きによるものだからです。

また、株式投資は完全なゼロサムゲームではありません。

株式投資は配当で利益を出す人もいれば、長期で保有する人もいる、また短期で売買する人もいます。

誰かが儲けたからといって、他の誰かが必ず損失を出すわけではありません。

それでは、株式投資をギャンブルにするとはどういうことか?

私の解釈では、株式投資において以下のことを行うとギャンブルと同じであると判断しています。

  • 自分の資金の限度額まで1つの銘柄に投資する
  • 上場廃止の恐れのある銘柄に投資する
  • 一か八かで捨て鉢になり投資する

自分の資金の限度額まで1つの銘柄に投資する

これがなぜギャンブルになると判断しているかというと、1つの銘柄に資金を集中させた場合に、その銘柄が上昇した時のリターンは大きく資金効率が良いように思えますが、逆に小さな下落でも損切りすべき資産の減り状況になることです。

買ってすぐに想定通り上がるのは相当運のいい時です。

最終的に上がる銘柄でも一度は下落したり、一時は含み損になることはよくあります。

株価は上昇する場合でも下落と上昇を繰り返すため、小さな値動きは運の要素が大きいです。

いちいち小さな下落で損切りしていては勝てませんし、買ってすぐに上がらないと勝てないのはギャンブルの要素が強くなっていると思います。

上場廃止の恐れのある銘柄に投資する

監理ポストに入った銘柄などは、ストップ安の連続で大幅下落しその後のリターンを狙う投資方法があります。

もちろん、上手くすれば短期で儲けることができますが、すべてを失う可能性もあります。

その銘柄が上場廃止になるかどうは、個人では判断できず運の要素が強いです。

もうこれはマネーゲームであり、ギャンブルと同じです。

私の中では、監理ポストに入らなくても、継続企業注記銘柄に入っているだけで手を出すことはありません。

一か八かで捨て鉢になり投資する

一番の要注意はこれかと思います。上記の二つは気をつければ予防できるのですが、この捨て鉢になって投資するというのは、冷静さを失っている時に行うことが多いため割とやってしまいがちだと思います。

具体的には、大きな損失が出ている銘柄で、更に下落した際に、「もうこれ以上下がったら諦める」と捨て鉢になりナンピンする。

これ以上さがったら諦めるといった精神で投資している時点で、完全に運に任せておりほぼギャンブルです。

また、負けが続いている場合なども、もうこれで負けたら諦めるといった精神で特定の銘柄に全力で投資するのも問題です。

考えることを止めて運に任せて投資している時点でギャンブルに近い状態になっています。

株式投資をギャンブルにしないまとめ

株式投資をギャンブルにしないためには、やはりルールを守って投資を行うことです。

もちろん、そのルール自体が大きく間違っていた場合は資産を作ることはできないかもしれませんが、少なくともギャンブルで投資を行うよりは圧倒的に資産を築ける可能性が高いと思います。

なお、以前、競馬で儲けた人が数億円の申告漏れを指摘されたケースがニュースになっていました。

私は競馬もやるので、競馬で大きな資産を築いたことは凄いなと思いました。

その方法は、詳細は分かりませんがギャンブルというより投資に近い方法を行っていたようです。いちいち、馬の強さなどで予想するのではなく独自のルールで機械的に購入していたらしいです。

そういう意味で、競馬でも勝つためには感情より機械的にルールを守ることが重要なのかなと思います(笑)

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加