不景気に備えて企業型DC(企業型確定拠出年金)の内容を見直し

私の勤めている会社では、退職金の一部を企業型DC(企業型確定拠出年金)で運用する制度があります。

その企業型DC(企業型確定拠出年金)に関して、不景気に備えて内容の見直しを行いましたので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

不景気に備えて企業型DC(企業型確定拠出年金)の内容を見直し

まずは企業型DC(企業型確定拠出年金)とは何かについて説明したいと思います。

企業型DC(企業型確定拠出年金)とは?

企業型確定拠出年金とは、会社が毎月掛金を積み立てて、従業員は自分でそのお金を投資信託などで運用して将来(原則60歳以降に)受け取るという制度です。

主なメリットとしては、以下の税制優遇処置を受けられることです。

  • 掛金が非課税
  • 運用益が非課税

従業員は上記の税制優遇処置のメリットを享受し、非課税で積立金を運用して、将来受けとれるお金を増やすことを目的としています。

なお、企業型DCでは複数ある投資信託や元本保証型商品などから自分で投資先を選ぶため、自己責任での運用になり、元金が減るリスクもあります。(定期預金などの元本保証型商品を選べば元金が減るリスクはありません。)

また、主なデメリットとしては、原則として60歳まで現金化できない点です。

私が勤めている会社では、将来貰える退職金の一部を企業型DCの掛金として運用されています。

そんな企業型DCに関して、すぐに不景気になるかは分かりませんが、以下の記事でも書いた通り備えとして見直しを行いました。

次にリーマンショック級の金融危機が起きた場合の備えは十分か?
サラリーマンとして、次にリーマンショック級の金融危機が起きた場合の備えは十分でしょうか?消費税の増税の条件として、リーマンショック級の出来事が無い限り実施すると政府は言っていますが、そもそもリーマンショック級の金融危機が起こって増税が中止されたとしても、喜び以上の大きな問題が起こります。その時の備えが本当にできているかについて考えたいと思います。

企業型DC(企業型確定拠出年金)の見直し内容

私が勤めている会社ではJIS&Tの確定拠出年金インターネットサービスを利用しています。

いつから企業型DCの制度に加入したのか正確な日にちは忘れましたが、リーマンショックと東日本大震災のダブルパンチで不景気の時でした。

これまでの投資内容

変動リスクの高い「DIAM外国株式インデックス」一本に投資しました。

主に外国株式パッシブ・ファンド・マザーファンドを通じて、海外の株式に投資を行う商品のため為替と海外株式のダブルの変動リスクがあります。

この商品に投資した理由は、企業型DCに加入した時はかなりの円高で株安の不況真っ只中だったため、景気の底付近から積み立てすれば、損をする確率は低いだろうという考えでした。

その後、「DCダイワJ-REITオープン」という商品にスイッチングも行いましたが、これらの投資が結構うまくハマり運用成績は以下のようになりました。

運用金額(積立金額) :888,800円
年金資産評価額 :1,483,721円
評価損益:594,921円

上記の通り、約8年で何も運用していない時よりも594,921円の退職金を増やすことができました。

初回の入金以来、年利9.17%の利益を出せているという計算になり、かなりの好成績です!

見直した内容

不景気に備えて、一旦現在の年金資産評価額分をすべて「三菱UFJ銀行DC1年定期にスイッチすることにしました。

定期預金は元本保証のため、実質は評価損益分を利益確定したことになります。

それに加えて、これからの毎月の積立先は「DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)」に変更しました。

この商品は新興国を含む株や債券などにバランスよく投資し、リスクを抑えた安定型のバランスファンドです。

そのため、「DIAM外国株式インデックス」や「DCダイワJ-REITオープン」よりも金融危機が起きた場合のリスクは小さいとの考えからです。

この先の投資戦略

上にも書いた通り、毎月の掛金を低リスクの「DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)」に積み立て投資します。

そして、以下の通り不景気が来るかどうかによって対応を変えたいと思います。

私が60歳になるまで不景気が来なかった場合

特に何もしません。

「DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)」は安定利回り型とはいえ銀行に預けるなど何もしていないよりも多くのリターンを望めますので、残りの約20年でそれなりに資産評価額に増えていると思います。

この先15年以内に不景気が来た場合

早い段階でリーマンショック級の経済危機がきて不況になった場合、DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)は低リスクとはいえ、評価損が出るかもしれません。

ただ、その場合はDIAM DC 8資産バランスファンド(新興国30)など、もう少し変動リスクの高い商品はもっと下がっていると思います。

そこで、市場が総悲観となった所(不景気の底付近)で、DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)をもう少しアクティブな商品(DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国30))などにスイッチングし、更に定期預金に変更した積立金もすべてそのアクティブな商品にスイッチし、60歳までの残りの期間で底付近からの大幅リターンを狙いたいと思います。

積み立ての投資でも、当然ながら底値付近から投資を始めた方がリターンが大きいに決まっています。

この先16年後以降に不景気が来た場合

「DIAM DC 8資産バランスファンド(新興国10)」を定期預金に切り替えて、定年まで何もしません。

60歳までの4年以内の期間では景気が回復するか分かりませんので、そこまでに増えた資産を利益確定します。

 

総合的に考えて一番良いのは不景気が来ないことですが、不景気が来ることを前提に複数のケースを想定しました。

まとめ

今回は将来の退職金に関わる企業型DC(企業型確定拠出年金)の見直しに関して記事にしました。

自分でも不景気に対して、少し悲観的過ぎるかなとも思っていますが、米国のHuaweiとの5G覇権争い、米中の貿易戦争や日本の消費税増税、イギリスのEU離脱、米国とイランの対立など不景気への引き金になりそうな事が多すぎる気がします。

備えあれば憂いなしということで、今回企業型DCの見直しを行いました。

スポンサーリンク
市況・株式銘柄分析
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ