【PayPay/ヤフーカード/モバイルSuica】キャッシュレス決済の最強装備

以前、以下の通りキャッシュレス決済について記事を書いたことがありますが、私もついにキャッシュレス決済を導入しました。

2019年の最注目テーマのキャッシュレス関連の本命銘柄の条件は何か?
今回はキャッシュレス関連というテーマについて考えたいと思います。 2019年は世間的にキャッシュレス関連というテーマの注目度が急上昇しています。 そのため、キャッシュレス関連で儲けるための本命銘柄の条件について、検討したいと思います。

使い勝手やポイント還元などを色々検討した結果、PayPayとヤフーカード(Yahooカード)とモバイルSuicaの組み合わせが最強だと私の独断と偏見により決定しました(笑)

参考までにその理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

【PayPay/ヤフーカード/モバイルSuica】キャッシュレス決済の最強装備

PayPayとヤフーカードとモバイルSuicaのそれぞれの決済方法について簡単に説明した後に、これらの組み合わせが最強である理由を説明したいと思います。

どの決済方法も既に知っているなら、説明は読み飛ばして最強である理由からご覧ください。

PayPay(ペイペイ)とは?

PayPay(ペイペイ)とは、ソフトバンク株式会社とヤフー株式会社の合弁会社であるPayPay(ペイペイ)株式会社により提供されるバーコードやQRコードを使ったスマホ決済サービスのことです。

QRコード決済については、以下の記事で解説していますのでご参照ください。

2019年の最注目テーマのキャッシュレス関連の本命銘柄の条件は何か?
今回はキャッシュレス関連というテーマについて考えたいと思います。 2019年は世間的にキャッシュレス関連というテーマの注目度が急上昇しています。 そのため、キャッシュレス関連で儲けるための本命銘柄の条件について、検討したいと思います。

QRコード決済は2019年現在、覇権争い中で、どこも大々的なキャンペーンを実施しています。

そんな数あるQRコード決済サービスの中でPayPayの主な特徴は以下の通りです。

  • バックに強力な企業が付いており巨大な資本がある
  • キャンペーンやポイントバックが派手である
  • 現金決済のみだったような小さい店で使える

バックに強力な企業が付いており巨大な資本がある

今後のQRコード決済の覇権争いにおいて、キャンペーン合戦を勝ち抜くには資本力が必要になります。

また、QRコード決済を導入する側の店舗としても、運営している会社の信用力は重要です。

その点では、PayPay株式会社はソフトバンクとヤフーという日本のインターネット界の巨頭がバックについているため安心できます。

キャンペーンやポイントバックが派手である

PayPayは過去に2回100億円キャッシュバックキャンペーンを行ったり、2019年6月以降も毎月どこかで10~20%PayPay残高の付与が行われるワクワクペイペイキャンペーンをやっています。

しかし、キャンペーンは各社それぞれやっています。

そんな中、PayPayの一番のメリットは通常の買い物でのポイント還元率が高いということです。

キャンペーンではなく通常の買い物で、PayPay残高やヤフーカードなどで決済すれば3%のPayPay残高が付与され、20回に1回の確率で最大1000円分のPayPay残高が付与されます。

(2019年9月9日追記)

2019年10月からPayPay残高やヤフーカードでの決済は1.5%のPayPay残高付与に変更され、PayPayチャンスの当選確率と金額が改悪されます。

しかし、2019年10月1日~2019年11月30日まではキャッシュレス・消費者還元事業の5%還元対象店舗で買い物をした時は最大で10%の還元になるようです。

※PayPay残高とはPayPayを用いた決済に使用できるお金のようなものです。

現金決済のみだったような小さい店で使える

これは主観も含まれますが、PayPayを使えるお店がかなり多くなった印象です。

特に大手の店舗だけではなく、現金決済のみだった屋台のような小さなお店やクレジットカードや電子マネーなどに対応していない私が通っている美容院などでもPayPayだけは使えるようになっていました。

PayPayは資本力が強力で、テレビCMもバンバンやっているのと、初期導入費用や決済手数料、入金手数料が無料で導入できる点が小さい店でも採用されている理由でしょうか。

いずれにせよ、現金決済だけしかできなかった店舗でキャッシュレス決済できるメリットは大きいです。

ヤフーカード(Yahoo! JAPANカード)とは?

ヤフーカードは正式にはYahoo! JAPANカードで、ヤフー株式会社が発行しているクレジットカードです。

主な特徴としては以下の通りです。

  • 年会費が永久に無料
  • Tポイントが溜まる
  • ポイント還元が良い
  • Yahoo関連サービスでの利用で更にお得

年会費が永久に無料

これは書いてある通りクレジットカードの年会費が永久に無料です。

年会費が無料であることは、最強装備を目指すには必須の要件だと思います。

Tポイントが溜まる

Tポイントは使えるところが減ってきたとはいえ、使用できる店舗なども多く、まだまだ使い勝手の良いポイントです。

後述しますが、YAHOOのTポイントは現金に変換できる点でも使い勝手が良いです。

ポイント還元率が良い

年会費が無料のカードとしては、特別な条件が付かない買い物で1%のポイントの還元率はトップクラスでかなり優秀です。

これも、最強装備を目指すには必須の要件です。

Yahoo関連サービスでの利用で更にお得

Yahoo!ショッピング、LOHACOで利用した場合は、毎日ポイントが3倍になります。

また、ヤフオクの決済でも1%のポイントが付与されます。

Yahoo関連のサービスを利用する場合は、更にポイント還元率が高くなったりとお得です。

モバイルSuicaとは?

モバイルSuicaとはJR東日本が提供している交通系ICカードのSuicaをモバイル端末で使用できるようにした電子マネーサービスです。

主な特徴としては以下の通りです。

  • クレジットカードからチャージできる
  • 使用可能なエリアとお店が多い
  • JREポイントを溜められる
なお、2019年5月時点ではApple payかGoolge Payで利用する場合とVIEWマークの付いたクレジットカード以外を登録する場合は年会費がかかるため注意が必要です。

※2020年2月26日からはAndroidスマートフォンとガラケーでも年会費が無料になるようです。

クレジットカードからチャージできる

モバイルSuicaの大きな特徴としてはSuicaのICカードと違い、VISAやmastercardなどのほとんどのクレジットカードでチャージすることが可能です。

あえてモバイルSuicaにしている理由は、クレジットカードからチャージすることで、クレジットカードのポイントを溜められるというメリットがあるためで、最強装備には重要な要件です。

使用可能なエリアとお店が多い

モバイルSuicaの利用範囲はかなり広く、クレジットカードやQRコード決済に対応していないところでも使用できるところが多いです。

日本全国の電車・バスなどの運賃としての利用はもちろんのこと、自販機にも対応している事が多いのが大きなメリットです。

JREポイントを溜められる

JREポイントが溜まるところは限られますが、KIOSKや駅の自販機のACUREなどの対象店舗で買い物をするとJREポイントが溜まります。

ちなみに溜まったJREポイントはSuicaのチャージに利用できるため効率がいいです。

モバイルSuicaでJREポイントを溜めるためには、JREポイントサイトへの登録が必要です。

PayPayとヤフーカードとモバイルSuicaがキャッシュレス決済の最強装備である理由

それでは本題のPayPayとヤフーカードとモバイルSuicaの組み合わせが最強装備である理由を説明したいと思います。

最強である理由

  1. PayPay+ヤフーカードのポイント還元がでかい
  2. 生活のすべてをほぼキャッシュレス決済でカバーできる
  3. ヤフーカードでモバイルSuicaをチャージできてTポイントも付与される
  4. ヤフーカードのTポイントは使用価値が高い

1.PayPay+ヤフーカードのポイント還元がでかい

PayPayの特徴として、PayPay残高の還元が大きいという話を書きましたが、通常のクレジットカードを登録した場合のPayPay残高の還元は0.5%しかありません。

しかし、ヤフーカードを利用しての決済に限りチャージと同様の3%の還元を得られます。

更にヤフーカードのTポイントも溜まるという2重取りが可能になりますので、特別なキャンペーンが無くてもほぼ現金同様の4%の還元を得られるため最強クラスの還元です。

(2019年9月9日追記)

2019年10月1日からは通常のクレジットカードでの還元は0になります。

ヤフーカードを利用した決済については、1.5%の還元に減るので注意が必要です。

そのため、特別なキャンペーンが無い時とは2.5%の還元に減りますが、その分ヤフーカードとPayPayの組み合わせで還元率が大きくなるキャンペーンを充実させるようです。

2.生活のすべてをほぼキャッシュレス決済でカバーできる

せっかくポイント還元率が高くても、使えるところが少ないと意味がありません。

そういう意味で、PayPayとモバイルSuicaとヤフーカードを持っていれば、生活のすべてをほぼキャッシュレスでカバーできます。

上記のどれかは使えるため、実際に私の場合は生活の95%以上はキャッシュレス決済です。

現金を使うのは、たまにランチで現金しか使えない小さな店があったり、飲み会の費用を幹事に払ったりする時ぐらいです。

PayPayに割り勘機能もありますが、まだ会社では年配もいるため利用されていません。

3.ヤフーカードでモバイルSuicaをチャージでき、Tポイントも付与される

移動の運賃や自販機でのジュース購入などで力を発揮するモバイルSuicaへのチャージをヤフーカードで行えます。

そして、そのチャージでも1%のTポイントが付与される点が大きなポイントです。

その理由はモバイルSuicaで決済しても1%のTポイントの還元を得られるのと同じ効果が得られるためです。

現金でチャージしたSuicaで決済している場合、便利なだけでポイント還元はないのと同じです。

4.ヤフーカードのTポイントは使用価値が高い

クレジットカードで溜まったポイントをどう効率的に使用するかは意外と重要ですが、クレジットカード会社が用意するカタログの商品から選んで変えたりするのはかなり損です。

また、商品を買うためにギフトカードへ交換した場合も換金率が下がることが多く、そのギフトカードを現金に換金しようとすると更に換金率が悪くなってしまいます。

その点、ヤフーカードのTポイントは欲しいものがあれば、YAHOOショッピングで購入すれば現金と同等の換金率で商品が手に入りますし、現金が欲しければ85%の換金率で現金化ができます。

溜まったポイントを85%の換金率で現金化できるのはかなり良い割合です。

Tポイントを現金に換金するには、ジャパンネット銀行の口座が必要です。
(2019年9月9日追記)
SBI証券でもTポイントを貯めたり使ったりできるようになったため、SBI証券をメインで利用している私はよりTポイントの利用価値が上がりました
ただ、ポイント投資には否定的なため、どちらかというとSBI証券の取引でTポイントが貯まるのが嬉しいです。

3つの決済手段の効果的な使用方法

日常の買い物で複数ある決済手段の中から効率良くポイントを溜めるためのフローを説明します。

PayPayが利用できるなら、最優先でPayPayで決済すること

1.買い物や飲食した場合、そこで利用できる決済方法を確認

【PayPayが利用できる場合】迷わずPayPayで決済 → 終了

【PayPayが利用できない場合】2に進む

2.JREポイントが溜まる場所かどうかを確認

【JREポイントが溜まる場合】モバイルSuicaで決済 → 終了

【JREポイントが溜まらない場合】3に進む

3.ヤフーカードかモバイルSuicaのどちらかを使用できるかを確認

【使用できる】どちらで決済しても同じなので好みでOK → 終了

【使用できない】現金で支払うしかありません

上記の基準でどれを使うかを判断すれば効率的にポイントを溜められます。

ちなみに、当たり前ですが、YAHOO関連のサービスで決済する時はヤフーカードを使用するのが一番良いです。

まとめ

今回は私が考えるキャッシュレス決済の最強の組み合わせを紹介しました。

実際に日常の買い物などでキャッシュレス決済を使うようになり、ポイント分で得するだけではなく
小銭の煩わしさや、いちいちATMで現金を下ろすという面倒から解放されて本当にメリットを感じています。

現時点で現金決済しかしていない場合よりも、ポイントバック分で得をしていますが、この先消費税が増税されれば、キャッシュレス決済を行うと政府がらポイント還元される見通しで更にお得になります。

そういう意味で、今からキャッシュレス決済の準備をすべきだと思います。

他にもたくさんポイントが溜まる組み合わせがあると思いますが、今回の記事がキャッシュレス決済を考える際の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
投資情報
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ