日経平均調整中の今、狙いたいIPO銘柄

土曜日の記事に書きましたが、トランプ政権に暗雲が立ち込めています。

そして、今日の日経平均は19000円を割り込んで終わりました。

トランプ政権がオバマケアの代替案を取り下げるというニュースが流れました。 トランプ大統領はオバマケアを大批判していただけに、代...

この先、日経平均が調整フェーズに入る可能性があると思います。

そんな今、狙いたいIPOについて分析したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

日経平均調整中に狙いたいIPO銘柄とは?

日経平均調整中に注意したいIPO銘柄

日経平均が大幅に下落した場合などは、新興株も連れて大幅に下落する場合があります。

その際に、普段から出来高が少なくなってきたIPO銘柄は要注意です。

市場自体にパニックなどが発生すると、この手のIPO銘柄は買い手が不在で想定以上に下落することがあります。

こういう銘柄は上がる時も速いですが、下がる時も凄まじいです。

また、成長期待の高PERのIPO銘柄はパニック売りが発生するような事態になった場合に、下値リスクが大き過ぎて今の市況では買いにくいのが事実です。

当然ながらPERが50倍を超えるような銘柄は、この先もっと成長するだろうと考える投資家が多いため株価を維持し、更に上昇することができます。

しかし、現時点の業績に目をやると売り上げや利益から株価を考えると相当割高となっているため、市場参加者の多くが冷静に割高とその銘柄を判断した場合や、その銘柄は成長しないと考えるようになると急落します。

あくまでも株は人気投票です。

そういった急落は個別の銘柄で悪材料を出したときにも起こりますが、市況の悪化でも起こりえます。

正直、成長系の銘柄で買いたい銘柄はあるのですが、落ちるナイフはつかまないようにしたいため、この市況悪化の方向性が見えるまで買いにくいです。

投資の格言に落ちるナイフをつかむなというありがたい教えを先人達が残してくれています。 私は休むも相場と合わせて、この格言を大切にし...

成長期待のIPO銘柄で個別に材料が出た場合は、逆に資金が集まりやすいかもしれませんが。

日経平均調整中に狙いたいIPO銘柄は?

この先日経平均が調整フェーズに入り、新興市場の資金も引き上げられた場合を想定すると安心できるのはやはり出来高が多く割安なIPO銘柄です。

割安の判断方法は人それぞれですが、私は業種とPERと業績の伸び率から判断しています。

成長も期待できるIPO銘柄で下値不安が小さいというのは大きいです。

今、個人的に安心して保有できるのは、ビーグリー(3981)でしょうか。

今日は残念ながら、最後の15分で大きく売られてしまったようですが、出来高も多く一時高値を更新しています。

今後も初値から大幅上昇する銘柄より、そこそこの上昇で寄り付き割安なIPO銘柄には要チェックです。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加