今朝、報道番組を観て思ったこと

今朝、生後2週間ちょっとの息子をあやしながら、何気なく報道番組を観ているとアメリカと北朝鮮の問題がやっていました。

スポンサーリンク

今朝、報道番組を観て思ったこと

昨日も株式投資の観点から、アメリカが北朝鮮に武力行使を行うのではないかという地政学リスクがあり、株価が下落する恐れがあると書きました。

波乱含みのまま今週は終了、来週は?
今日は一時、新興市場のパニック売り的な下落がありましたが、最終的には日経平均もプラスで引け、新興市場も少しは持ち直しました。 来週からの相場は? はっきり言って、まだ底を打ったとは思えません。 まだまだ波乱含みだと思います...

しかし、これって凄い他人事と言うか、まるで対岸の火事のように株価だけを気にした内容になっています。

日本人、特に私も含めて戦後生まれの世代は平和があたりまえの感覚があり、イラク戦争やイスラム国の話などニュースでは観ていますが、どこか遠い国の話で危機感を覚えることは少ないと思います。

その流れかもしれませんが、今の北朝鮮問題に関して、日本ではそれほど緊迫した感じはありません。

しかし、今朝、報道番組を観ていて、今はかなり緊迫した状態なのではないでしょうか?

アメリカ海軍の空母打撃群がシンガポールから朝鮮半島に向けて航行がシンガポールから朝鮮半島に向けて航行しているというニュースも流れています。

北朝鮮のミサイルの射程に日本は入っており、本当に何かあれば日本は他人事ではなく当事者になる恐れが高いことに改めて気づかされました。

資産を守ることも重要ですが、当然ですが身を守ることが一番重要だと思いました。

正直、報道はこまめにチェックしますが、一旦はノーポジになった方がいいのかなという気がしてきました。

パニックになる必要はありませんが、備えや家族との連絡手段ぐらいは事前に決めておこうと思います。

ぜひとも、平和的に解決してほしいです。

スポンサーリンク
市況・株式銘柄分析
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ