株式投資は何年やってもしんどい

今日は株式投資の難しさと大変さについて書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

相場は完璧には読めない、だからしんどい

株式投資をやらない人は、よく株なんかで楽して儲けやがってと言う人も多いです。
おそらく、汗水垂らして働くこと以外は楽して儲けているという価値観なんでしょう。

しかし、株式投資で利益を出すことは決して楽ではありません。
私はそういう人には、楽に稼げると思うならやってみるといいよと言います。
そうすれば、株式投資で利益を上げることの大変さが解るでしょう。

株式投資を始めて10年以上経ちますが、今だに相場の動きについて、予想はしますが完全には読めません。
相場の動きなどは、未来から来た人かとんでもない才能を持った天才にしか完全に読めるわけがありません。
だから、株式投資は精神的にしんどいです。

それは、利益が出ている時も、損を出している時も常に判断をしなければなりません。

その判断を誤れば資産を減らすことになるのです。

今日株価が上がり利益が出ていても、明日には暴落するかもしないという恐怖やまだまだ上がるかもしれないという欲と戦う必要があります。
そして、暴落したら自ら損を確定させる損切りをしないといけません。
自分の大事な資産を減らす辛さは経験した人にしか分かりません。

それなら、なぜそんな精神的にしんどい株式投資をやるかというと、サラリーマンをやっているだけでは成し得ない理想を実現したいからです。

ということで、なぜ今こんな事を書いたかといえば、今の地合いは本当に難しく、底を打ったと判断しましたが日々の報道を見ていると不安で気持ちが揺れたりと精神的にしんどいため、ちょっと愚痴りたくなりました(笑)

ルールに機械的に従うべきですが、人間は感情があるためしんどいですね。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加