北朝鮮関連の地政学的リスクは去ったのか?

ここ最近、北朝鮮関連の報道をチェックしていますが、地政学的リスクは去ったと思ってもいいのでしょうか?
日経平均の観点でみると、だいぶ持ち直してきており楽観の状況でしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル大

北朝鮮関連の報道について

最近の北朝鮮絡みの報道をチェックしていて、正直なところ、4月15日までに感じていた軍事衝突が現実的に起こるような緊迫感がありません。
報道によると中国が異例なほど北朝鮮の抑止に動いており、北朝鮮も核実験をしばらくはやらないという感じになっているらしいです。
こういった報道からも、最悪の軍事衝突の可能性はかなり低いのではないでしょうか。
ただ、単発で北朝鮮が核実験を実施間近というニュースが出たりと真相は解りません。

そもそも、報道の内容自体がどこまで本当なのかも解りません。
アメリカの空母カールビンソンが実は北朝鮮に向かってなかったと解った時は拍子抜けしました。

アメリカの空母が北朝鮮に向かってるという報道が流れていた時、いよいよ本気で緊張感が増していると思いましたから・・・

なお、本当にアメリカから軍事攻撃を行う場合は、まず在韓米人を避難させたりと兆候があるらしいです。
在韓米人を避難させるというニュースは流さずこっそりやろうとすると思いますが、今のネット社会では避難した人がツイッターとかに投稿して情報はどこからか漏れるのではないでしょうか。

とりあえず、今回の一連の報道で北朝鮮には想像以上の軍事力があり、強力な特殊部隊を保有していることがわかりました。
そして、アメリカをもってしても簡単にはいかないということを・・・

4月25日にある北朝鮮の軍創建85周年の行事が平穏に過ぎれば、とりあえずは地政学的リスクは大幅に軽減されたと考えます。

私はこの土日は子供のお宮参りなど重要なイベントが目白押しですので、北朝鮮問題は忘れて楽しみたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加