損切りの易しい実践方法

損切り実践方法を理解するためには、なぜ損切りを実行するのが難しいかを考えることが重要です。

大前提として、誰でも損をしたくないという気持ちがあります。しかし、ここでは損切りの重要性が理解できており、本当は許容範囲内の損失で損切りしたい、だけど出来ないという方に向けた内容になっています。
損切りの重要性は以下で説明していますので参考にしてください。

損切りの重要性
損切りは重要であると、株式投資の本などを読めば必ず書いてあるフレーズです。 なぜ、損切りは重要であるかを改めて自分なり考えた結論を書きたいと思います。

 

ここでは、損切りを実践するのが難しい理由と易しい実践方法について説明します。

スポンサーリンク

なぜ、損切りは難しいのか?

競馬などのギャンブルの場合は、レースが終われば否応無しに利益または損失が確定しますが、株式投資は良くも悪くも、決済しなければ損失は確定しません。

自分で辛いことを決断するという意味では精神的な要素が大きくて関わっているでしょう。

過去の自分の経験などから分析すると損切りが難しい理由は大きく以下の2点だと考えています。

  • 自分の行った投資は間違っていないという自信
  • 損切り後に株価が反転したら悔しいという精神

自分の行った投資は間違っていないという自信

これは完全に損切りをしないための後付けの言い訳です。

損切りをしないために、次々と自分に都合の良い情報(根拠の無い掲示板などの情報)を集めて、損切りラインを下げていき、いつか反転すると自分に言い聞かせます。

私はYAHOO掲示板で、買い煽りの投稿を読んでは心の支えにしていました(笑)

 

しかし、最初に決めた損切りラインに達した時点でその投資は間違っていたのです。

つまりそれは、投資するタイミングが間違っていたか、投資する銘柄の間違いです。

それなのに、間違いを認めません。

それは、間違えたことを認めることを恥ずかしいと思っているのか、それとも自分は間違っていないという根拠のない自身が湧いてるのでしょうか。

凄腕ファンドマネージャーでも無ければ、天才投資家でもない、ただの個人投資家にも関わらずです。

自分を投資の凡人と受け入れれば、間違いを認めやすくなります。

損切り後に株価が反転したら悔しいという精神

この気持ちは本当によく解ります。

せっかく損失に耐えてきたのに損切りした後に株価が上がったら相当悔しいですよね。

 

しかしながら、損切り後に株価が反転し、その後に暴騰しても諦めるしかありません。

株価がどうなるかなんて普通の人には解りません。

そもそも銘柄の選定は良かったかもしれませんが、損切りラインに達した時点で購入のタイミングを間違えたのです。

ただ、損切り後の株価暴騰を恐れて、損失を拡大していく方がもっと愚かで間違えています。

 

仮に損切り後に株価が反転し、その後に暴騰しても結果論です。

そうなった場合、「自分は凡人であるため間違えるのも仕方がない!」、「次は購入するタイミングを間違えないように勉強しよう!」と前向きにとらえてください。

投資すべき銘柄は他にもたくさんあります!

 

損切りを易しく実践する方法のまとめ

上記の通り、損切りを易しく実践するためには間違いを認めることです。

その方法の一つとして、自分は特別ではなく凡人であると受け入れることです。

私はこの方法を採用しています。

BK.M流の投資マインド
BK.M流の投資はまず自分が凡人であると認めることからスタートです。 なぜ、自分が凡人であると認めることが大事であるかを説明したいと思います。 (2018年8月にリンクの追加を行い再編集しました。) なぜ、自分...

 

仮に高校球児が投げるボールを打てなかったとして、あなたは恥ずかしいと感じますか?

打てるまで挑み続けますか?

プロ野球選手、ましてやメジャーリーガーなら恥ずかしいと感じるでしょう。

だけど皆さんは、野球経験が無ければ高校球児が投げるボールが打てなくても当然と思う方が多いのではないでしょうか?

小学生が投げるボールの場合はどうでしょうか?

これはかなりの確率で打てますよね?

 

株式投資もそれと同じです。

ただし、対戦する相手(銘柄の難易度)は自分がバッターボックスに立つまで解りません。

あなたは、相場のプロやメジャーリーガー(天才的な才能の持ち主)でしょうか?

そうでないなら、もし自分の敵わない相手が出てきて三振(損切り)しても恥ずかしくないですし、打てないピッチャーのボール(銘柄)は見逃し、練習して打てるピッチャー(銘柄)を増やしていけばいいと私は考えます。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
BK.M流投資論
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント