BK.M流の投資戦略


ブログを休んでいた空白の3年間で発見したサラリーマンである自分に合ったBK.M流の株の投資戦略について書きたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

サラリーマンに最適な株式投資とは

投資歴だけはそこそこ長い私は今まで色々な手法を試しました。

その中でサラリーマンである私に向かなかった投資は、以下の投資手法です。

  • デイトレードやスキャルなどの日計り取引
  • 長期が前提のバリュー投資

デイトレードやスキャルなどの日計り取引

私はシステムエンジニアという事もあり、仕事中にインターネットをチェックする事が出来ます(笑)

ただ、会議中に株価が動いたり、話しかけられている間に利確のチャンスを逃したりと、私のようなインターネット環境に恵まれた環境でも一瞬の判断が求められるため、日計り取引には対応出来ませんでした。

例えスキャルの才能があったとしても、本業があるサラリーマンでは日計り取引は厳しいと思います。

長期を前提としたバリュー投資

バリュー投資は本来サラリーマンには向いているのかもしれません。

しかし、バリュー投資は、投資する銘柄を徹底的に分析し、本来の価値より割安で放置されている株に投資します。

そして、市場に割安と認知され株価が上昇するまで待ち続ける必要があります。

自分もある銘柄に惚れ、絶対の自信で2年保有しましたが結果的に数万円しか利益がでませんでした。

その間、市場のショックに巻き込まれ大きな含み損にも耐え、精神的にかなりきつかったです。

いくら割安だろうが何だろうが、その銘柄を欲しい人が増えないと株価は上がりません。

バリュー投資には根気といつ動くか解らない銘柄に資金を投入する資金力が必要です。

残念ながら私には、株価が上がるまで待ち続ける根気と豊富な資金力はありませんのでバリュー投資は合いませんでした。

サラリーマン向けの投資戦略

という訳で、BK.M流のサラリーマン向け投資戦略は短期から中期(Max 3か月)のトレードです。

まあ、投資期間はどうでもいいですよね(笑)

興味があるのはどんな銘柄を買えばいいのかということだと思います。

ここ数年で資産を大きく増やしたBK.M流の投資戦略はIPO銘柄を狙った投資です。

IPO投資と言っても、IPO当選を目指すのではなく、IPO銘柄をホットな間に売買します。

※いい銘柄が当たったらほぼノーリスクで利益が出るためIPOに申込みもしています。

また、リスクを最小限に減らすために寄り付き当日に参入することはほとんどありません。

IPO銘柄は参加者が多く注目が集まりやすいため1〜2ヶ月はよく動き参入のタイミングが重要です。

株価がよく動くということは、損をするのも早いです。
そのため、損切りは本当に重要となります。

損切りは重要であると、株式投資の本などを読めば必ず書いてあるフレーズです。 なぜ、損切りは重要であるかを改めて自分なり考えた結論を書きたいと思います。

参入タイミングなど売買ルールはBK.Mの投資戦略の第二弾で書きたいと思います。

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ


スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加