騒動中のVALUについて調べたら、問題点が多い気が・・

今、ネットニュース等でちょっと騒動になっているVALUについて調べてみました。

スポンサーリンク

騒動中のVALUについて調べた結果

そもそも、私は有名なYoutuberが騒動を起こしてニュースになるまでVALUというものを知りませんでした。

新しいサービスということでちょっと興味が湧きましたので調べてみました。

VALUとは

VALUとは、簡単に言うと個人が自分の価値に対して株式のようなものを発行して、資金調達できるサービスのようです。

そして、そのVALUを保有しているVALUERと呼ばれる人は発行者が設定している優待を受けられたり、その発行者の限定コンテンツやタイムラインを閲覧できます。

なお、VALUはビットコインで取引され市場で売買することもできます。

ただし、規約による投資目的の利用はダメのようです!?

 

株式投資のようなものではあるが、投資目的で利用してはいけないということで、次々と疑問が湧いてきました(笑)

それじゃ、個人の価値(VALU)を保有するメリットは?

売却益の税金はどうなる?

発行者が亡くなった場合など上場廃止的になるのか?

などです。

個人の価値(VALU)を保有するメリットは?

そもそも、このVALUというものは株式とは以下の違いがあるようです。

株式会社の場合、会社は株主のものです。

会社が発行する株を全株保有していると、すべて自分で意思決定でき、ほぼ会社を思い通りにすることができます。

しかし、このVALUでは全部保有しても発行者に対して、経営権や支配権などの権利を主張することはできません。

まあ、全VALU保有者が権利を主張して言いなりに出来てしまうと、ほぼ人身売買になりそうなので、これは当然だと思いますが(笑)

優待についても、発行者の判断に任せられており義務ではなく、得た資金の用途も公開する必要はないとのことで、発行者が超有利な条件になっています。

当然ながら優待は金銭や換金性の高いものの提供は禁止されています。

 

利用規約にも書いていますが、投資目的はNGであり、VALUは発行者を応援する気持ちを表す特別なステータスを得るために保有するもののようです。

結論としては優待等が配布されることもあるようですが、あくまでも応援のために保有するものであるため、自分自身の金銭的なメリットを追及してはいけません(笑)

売却益の税金はどうなる?

投資目的ではなく純粋に発行者を応援するつもりでVALUを保有していても、VALUの価格は変動するため、心変わりでVALUを売却したことにより、意図せず利益がでてしまうことがあるでしょう。

なお、規約にも現行の法令又は将来の法改正等によって課税対象となる可能性があるとの記載があります。

しかしながら、株式会社VALUでは課税対象となるか否かを含む課税に関する事項についてアドバイスの提供等一切の行為を行なっていないため、課税に関する疑義が発生した場合は、自らの責任と負担においてご自身で決定していただくかまたは専門家に判断を仰ぐようにとのことでした。

つまり、はっきりしてません。

万が一、VALUの売買で利益が出た場合は税理士さんに相談した方がいいでしょう。

亡くなった場合など上場廃止的になるのか?

発行者が亡くなった場合の具体的な情報は見つかりませんでしたが、そもそも発行者が退会する旨を他会員に通知し、その後退会の申請し受理されれば3ヵ月でその発行者のVALUは無価値になるようです・・・。

まあ、優待を配ると言っておいてまだ配ってない場合などは退会できないようですが、無価値になる基準が発行者個人の裁量に任されてるってきついですね。

応援している人が突然、「疲れたから辞めます!」って通知したら、3ヵ月後には無価値になるようです(笑)

まあ、VALUは投資ではないためこれは仕方ないですね。

人を見る目が無かったということです。

VALUの会員になるためにはこの条件に同意しているわけですし。

VALUの問題点

上記の通り、VALUは投資ではありません。

しかし、実際には一連の騒動のように価格を釣り上げて売り抜けのようなことが発生しています。

私が感じた現時点(2017年8月)のVALUの問題点は以下の通りです。

  • 発行者が有利すぎる
  • 税金の取り扱いが不明瞭
  • 取り引きルールに法的規制がない?

発行者が有利すぎる

これは、調達した資金の使途について公表の必要もなく、優待もマストではない。

そして、VALUER達から権利を主張されるリスクもありません。

更に通知して申請が受理されれば3ヵ月後には退会できてしまいます。

性善説に基づいているのでしょうが、極端な話、VALU発行→資金調達→退会ってことが事実上可能で、これを行った人に対しても、それほどのペナルティありません。

まあ、社会的に批判はされるでしょうが・・・。

税金の取り扱いが不明瞭

もうこれは書いてある通りですが、VALUの価格が変動している以上、取引により利益が発生することがあります。

にもかかわらず、税金の取り扱いは各自の判断に任せ運営側は関知しないとのことです。

せめて、利益は雑所得になるため確定申告が必要ですとか情報を出してほしいです。

取引ルールに法的規制がない?

これに関しては、微妙ですが、株式取引の金融商品取引法みたいな法律では守られていないのではないかと思います。

取り引きのルールはあくまでも利用規約上のルールでしかないため、法的な罰則規定がないように思います。

今回の有名なYoutuberが引き起こした騒動について、法的にどうなるのかは注視したいところです。

まとめ

上記にVALUの問題点を挙げましたが、あくまでも株式取引のように売買益を得ようという投資家から見た問題点です。

しかし、みなさん思い出してください!

VALUは投資目的の利用はダメなんです。

 

ものすごく株式投資に似ていますが、VALUは投資目的で利用していはいけません。

だから、私が挙げた問題点は、問題ではないのかもしれません。

あくまでも、VALUは発行者を応援するためのサービスです。

寄付するぐらいの寛容な心が必要です。

だから、VALUの取引により理不尽な損失を受けたとしても自己責任です。

 

結論として、私のような売買益を追及する投資家はVALUに手を出してはいけないことが分かりました(笑)

このブログは投資家ランキングに参加しています!
このサイトはサラリーマン投資家ランキングに参加しています!
ランキングが上がるとブログを続ける励みなりますので、記事が少しは面白いと思ってくれた方は応援して頂けると嬉しいです!
今日のサラリーマン投資家ランキングを確認する

人気投資家のブログランキングへ

スポンサーリンク
投資情報
スポンサーリンク
BK.Mをフォローする
凡人サラリーマンの投資のすすめ

コメント